ここから本文です

否定と肯定 (2016)

DENIAL

監督
ミック・ジャクソン
  • みたいムービー 229
  • みたログ 722

3.70 / 評価:555件

ほし みっつ

事実ということで、あとで調べてみよう。
映画としては、単調ではあるが裁判結果によりハッピーエンド的な感覚があるので、面白さと爽快感はある。
裁判が始まれば、面白さが増すし。裁判相手も魅力的な悪役だよね。

さて、印象的というか解釈の面白さというか。
思い込んでいれば、本人の自由。表現の自由だろ。キモはこの解釈だよね。
判決の事実を見せながら、どちらとも言えない曖昧な解釈と言える。
ただ、はっきりした嘘は認めないよ。ということだね。

アポロは月に行ってないよ。という解釈も永遠だなーという感想かな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ