ここから本文です

否定と肯定 (2016)

DENIAL

監督
ミック・ジャクソン
  • みたいムービー 229
  • みたログ 735

3.69 / 評価:564件

裁判ものとしては興味があるが・・・。

  • スーザン さん
  • 2020年1月21日 11時45分
  • 閲覧数 150
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

歴史家アーヴィング(ティモシー・スポール)がリップシュタット教授(レイチェル・ワイズ)を名誉棄損で訴えるという裁判だが、
英国では被告側が立証責任を負うということで、その為なのかどうか、終始ホロコーストの真偽が争点になる。

興味深いが、映画としては今ひとつ盛り上がらない。
実話だから仕方ないが、ちょっと予定調和過ぎる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ