2018年4月14日公開

泳ぎすぎた夜

LA NUIT OU J'AI NAGE

792018年4月14日公開
泳ぎすぎた夜
2.9

/ 30

20%
17%
27%
10%
27%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

真っ白に雪化粧した山並みが連なる青森の小さな町で暮らす魚屋の一家の父親は、毎日市街にある魚市場に出掛けていた。6歳になる息子(古川鳳羅)はちょうど父親が家を出ようとしたタイミングで目覚め、すっかり目がさえて眠れなくなってしまう。家族が熟睡する中、少年は絵を描いてランドセルにしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(2件)

かわいい50.0%切ない50.0%

  • nn1********

    3.0

    一口寸評

    日仏の新鋭監督が手を携えて作った一本。二人の既作品はいずれも未見。 舞台は雪に埋もれた冬の弘前。 ある未明、父が仕事に出掛ける音に目を覚まし、6歳の男の子(古川鳳羅)は眠れなくなり一枚の絵を描く。 彼はその絵を父親に見せたくて、学校をさぼり電車に乗り、父が働く魚市場を目指すが…。 言葉が雪に吸収されてしまったように、この映画には一切台詞がない。 自分も北国育ちゆえ幼い頃の記憶が重なった。 共演する父母も姉も実際の家族だという、初演技の子役の表情がとてもナチュラルで。 ドキュメンタリーともフィクションともつかぬ愛らしい冒険譚だ。 評価は低くしたが、ピュアな透明感が町おこし映画(ではないけれど)の域を超えていて、凍えそうな冬の光景とは逆に心がほっこりする小品であった。

  • j9i********

    5.0

    TV番組では出来ない映画ならではの

    はじめてのお使いというTV番組があるが、そこからTV向け演出をばっさり切ったらこうなる。 ネットで他の作品を検索してたら視界に本作品が引っかかった。 水色が眩しい真白な雪の世界の幼子。 題名の「泳ぎすぎた夜」 ?となり、気になってしまった。 邦画はあまり観に行かない自分としては珍しい。しかも、あざとい感動アイテム子供もの(に見えた)。そして、舞台が青森の弘前なのにフランス人の制作(半分は日本人)という不思議。 何故かあまりにもチラシ写真が脳裏にこびりついたので、シアターイメージフォーラムまで行った。 何故かヴィヴァルディの春のメロディに乗せて弘前水産地方卸売市場の朝の光景から幕が上がる。 雪国のとある少年の1日。 (ていうか、早起き過ぎだよ。) セリフはない。ほんとない。 唯一はっきりした言語は、ワンワンだけ。 他は、セリフじゃなくて完全に幼子らしい呟きだけ。 登場人物以下一切の説明もなく、カメラは唯々少年の歩きを追うのを、私は見る。 家の階段をトテトテと降りる姿。 あの降り方。その瞬間私の心は鷲掴みにされた。 幼子の振る舞いは、自分の幼少期を懐かしく思い出させ、愛し子の振る舞いを思い出させ、近所の愛らしい子を思い出させ、堪らない気持ちになる。 手袋をぽとりと落としたとき、あぁ、拾わないで行っちゃうだろうなぁ、て思ったらやっぱり行っちゃった。 手袋を失った片手に、握った雪をいつまでも閉じ込めたまま寝入る姿。 学校へ行くために家を出たはずのこの子はどこへ行くんだ?何してんの? さっぱりわからないまま、私は少年の後をついて行く。 やがて少年の目的地を悟る。 そうか、だからアレを持って出たのね。 終盤、確かにこの映画の題名は「泳ぎすぎた夜」だな、と思う。 冬と春は表裏一体ではあるが。 雪国の朝は春で、吹雪は冬か。 ヴィヴァルディの冬に乗せて運ばれる幼子よ。 闇の中、爆睡の子を覗き込みゴロリと沿って寝転び子を見つめる父親の姿に、私の涙腺は緩んだ。 (その他) 坊やが家を出てから口に入れたものは蜜柑2個ではないか。 車がひっきりなしに走る道路(ちゃんと横断歩道)を、必死に車が途切れるのを首をふりふり集中し過ぎて、運転手が渡れよーボウズってジェスチャーに全く気付かず。 雪国の子の道々の逞しさに末頼もしく感心する。 が、母親は肝を冷やすでしょうね。 お母さんとお姉ちゃん。TV観るときは部屋を明るくしなよ。 この映像作品は、坊やのご両親にとって一生の宝物だろうな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
泳ぎすぎた夜

原題
LA NUIT OU J'AI NAGE

上映時間

製作国
フランス/日本

製作年度

公開日

ジャンル