ここから本文です

ジオストーム (2017)

GEOSTORM

監督
ディーン・デヴリン
  • みたいムービー 717
  • みたログ 4,286

3.59 / 評価:3,433件

粗い脚本と軽いノリ、不快でした。

  • dadadasteady さん
  • 2019年8月11日 18時14分
  • 閲覧数 566
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告で興味をもって鑑賞。
予告であったような異常気象、衛星が暴走、世界の運命は彼らに託された…
いや全然内容違うよwww

ダッチボーイを世界共通の管理にしたくないアメリカの国務長官が
敵国を支配する兵器としてダッチボーイを悪用、ついでに大統領の椅子も奪う為に
現大統領も殺そうとした、それだけの話。

異常気象や自然の脅威に知恵と技術を使って人類が立ち向かい危機を乗り越える
話かと思ったら、地球では弟・宇宙で兄が、それぞれ犯人捜しをするサスペンス。
異常気象による災害は予告で映るものと同じ内容が映し出されるだけで真新しい画は特に無し。

何より、WTCのテロであれだけ辛い思いをしたアメリカが、比較にもならない
規模のテロで世界各国の人達が様々な人工的な異常気象で死んでいく様を度々
見せられる映画を作る倫理観がイマイチ分からない。
しかもこれは自然災害ではなく、あくまでも人為的なテロなのに。

それでいて作風は全体的に軽い。時折挿入されるコミカルなやりとりは、
緩衝材というよりは作品のテーマを考えるとただただおふざけにしか見えず不快だった。

おまけに脚本が粗い粗い。

【その他気になったところ】
■中国の爆発、「ガス爆発」だけで片付けられるかよ。
あの規模、ビルがドミノ倒しになる程の大規模な事故を、ガス爆発…?

■チェンが偶然その現場に居合わせる。
中国の国土の広さを考えると…ご都合主義が満載

■チェンの口封じ、車道に突き飛ばし轢死。もっと早い段階でやりようあったろ。
結果、弟に重要な「ゼウス」という単語を教えてしまう始末。

■弟の彼女がシークレットサービスでラッキー!
これはもう、事態を防ぐべくして弟が選ばれてるとしか考えられない幸運っぷり

■弟が大統領の周りを自由に動けすぎ

■宇宙での真犯人ダンカン?が唐突に判明
しかも最初から悪態ついててまさに何かありそうな空気がプンプンしてる

■民主党大会の会場から簡単に大統領1人をタクシーで連れ出せてしまう
大統領…ですよね?シークレットサービス1人をブン殴ったら後はフリーなんて…

■兄貴が死ぬ…かと思いきや娘が途中でいらんこと言うので死なないフラグがビンビン
死ぬのか死なないのかもうどっちでもいいんですけどもね
____________________________

ありえないと分かってても気象コントロールを行うネットワークシステムという
設定自体は良かったのに、そんな良いテーマをもとに何故アホな人間達のサスペンスを
かぶせてしまったのか………

AIが自我をもって…とか、そんなありふれた展開でももっとマシなものを作れたような気がする。
もしくは、暗躍する人達にもっと信念のようなものがあれば、まだ評価出来る部分はあったはず。

全体的に軽いんです。人が数えきれない程 死んでいくのに。
キャスティングと映像は良かったです、ただそれだけです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • パニック
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ