レビュー一覧に戻る
殺意の誓約
2017年10月15日公開

殺意の誓約

EITHURINN/THE OATH

1032017年10月15日公開

mr_********

3.0

ネタバレ父親の気持ちはわかるが。

アイスランド映画とは珍しい。 本国では大ヒットしたらしいが、そんなに凄い映画とは思えませんでした。 主人公は天才的外科医のフィンヌル。 若い奥さんももらって順風満帆と言いたいところだが先妻の娘アンナが大学中退しその恋人オッターはドラッグの売人ときては父親としては心穏やかではない。 なんとか別れさせようとするが上手くいかない。 家族にも危険が迫り、最悪の手段をとることになったが・・・。 オッターが行方不明になって半狂乱になるアンナ。 まず、成人男性が二、三日行方不明になったくらいで警察が動くはずもない。 しかもオッターは評判の悪い男。 行方不明の段階でフィンヌルを容疑者扱いはおかしな話。 警察はそんなにヒマじゃないと思う。 ラストも何故フィンヌルが瀕死のオッターを病院に連れて行ったのだろう? オッターを川にでも投げ込んでおけば、事件にすらならなかったかもしれない。 女刑事も証拠もないのにフィンヌルを追い詰めたりめちゃくちゃ・・・。 最後は結局なるようになった的な終わり方でした。 それにしてもフィンヌル、スポーツ用自転車で冬の道をぶっ飛ばしていた。 コーナーで滑って大転倒、ケガをしながら必死にアリバイ作りでもするのか?と思いましたが別になにもなしは拍子抜け。 逆に自転車は目立つから止めた方が良い(笑)

閲覧数239