2017年10月21日公開

キラー・セッション

LE SERPENT AUX MILLE COUPURES/THOUSAND CUTS

1042017年10月21日公開
キラー・セッション
2.4

/ 25

4%
16%
28%
20%
32%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

フランスとコロンビアの麻薬組織が、南フランスの田舎町で取引を行おうとしていた。だが、組織を抜けだして人生を変えようと考えていた暗殺者の男(トメル・シスレー)が、取引を台なしにした上に逃亡してしまう。けがを負った彼は民家に押し入り、住人を人質にして身を隠す。コロンビアの組織は犯人を捜し抹殺しようと、アジア人の暗殺者トッド(テレンス・イン)を送り込む。人間を切り刻むことに快楽を覚える彼は、目撃者や関係者を殺しながら男との距離を着実に縮めていくが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(6件)

悲しい12.5%セクシー12.5%勇敢12.5%不気味12.5%かわいい12.5%

  • fxt

    4.0

    よく解らない所もあったが

    役者の演技が良く見え 最後まで見れまし^_^

  • fuj********

    1.0

    くそつまらんフランス嫌いになりそう

    女の惨殺体くらいかな 見てておってなったの あとは見る価値なし こんなのを映画にしようと思うスタッフがいる フランスを嫌いになりそうなくらいつまらん

  • agu********

    4.0

    普通に面白いし見所も多い

    女の惨殺体のシーンなんて最高に良い絵だわ この監督の過去作、プレイ獲物も面白かったし こういう良作が出てくるからフランス映画は侮れん

  • alg********

    2.0

    ノーカントリーのパチモン

    追われる者、暗殺者、警察が交差しながら進むシチュエーションはノーカントリーを彷彿とさせる 特にアジア人暗殺者が不気味で底知れず 死体安置所で一般人に訳わからん講釈垂れながら絡む様なんかはシガーそっくり ただ全てが超劣化品でアクション、シナリオ、キャラクターどれも魅力に乏しく退屈 大好きなノーカントリーを彷彿とさせてくれたことに免じて★+1

  • mis********

    1.0

    低評価間違いなしです。

    本当に面白くないです。ストーリーもよくわからないし、テンポも悪く派手なアクションもない。 面白いところが1つもない。 最後まで頑張って観たけど後味も悪い。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
キラー・セッション

原題
LE SERPENT AUX MILLE COUPURES/THOUSAND CUTS

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日