ここから本文です

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード (2017)

INTERLUDE IN PRAGUE

監督
ジョン・スティーヴンソン
  • みたいムービー 66
  • みたログ 160

3.55 / 評価:121件

昼ドラの延長線のようなもの

  • fg9***** さん
  • 2019年2月26日 13時26分
  • 閲覧数 479
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。
 『1787年、オペラ「フィガロの結婚」が評価されたモーツァルト(アナイリン・バーナード)は、プラハの名士から招待を受け、同地で「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲に励む。
 彼は、若手オペラ歌手のスザンナ(モーフィッド・クラーク)の美貌に魅了され、彼女もモーツァルトの才能に惹かれ二人は急接近する。
 一方、女好きなサロカ男爵(ジェームズ・ピュアフォイ)もスザンナを狙っており……。』
 モーツァルトのオペラの名作「ドン・ジョヴァンニ」誕生の裏話といったところだ。
 内容的には昼ドラの延長線のようなものだ。
 しかも、モーツァルトは妻子持ちだし、妻子の立場はどうなのよ?
 ってな感想ぐらいしか書くことはないが、モーツァルト(アナイリン・バーナード)とスザンナ(モーフィッド・クラーク)の美貌は見飽きることがなかったので、一見の価値はあり程度の3.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3243件、2019年度73作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ