シャークネード5 ワールド・タイフーン
3.2

/ 80

15%
28%
33%
14%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(15件)

笑える15.8%楽しい11.8%パニック10.5%コミカル9.2%勇敢7.9%

  • ryo********

    5.0

    "方向を変えて日本に向かってる"…?

    SHARKNADO 5: GLOBAL SWARMING 2017年 88分 完全に「レイダース」をパクったオープニング!壁画にサメが描かれてたり、ミイラ盗りに来たインディ・ジョーンズがとっくにミイラになってたり、帽子は趣味に合わんが鞭はもらうというフィンがいるこの場所は、ストーンヘンジの地下にある洞窟。地球は古代からシャークネードと戦ってきたことが明かされる…我々が学んできた世界史とは。 何か重要な用事でロンドンMI-6本部にやって来たフィン一家。さっき見たとこなのにその理由を僕は忘れてしまっているが細かいことは気にしないワカチコシンキングが映画軍人二等兵のモットーだ。 フィン行くところ100%の確率で出現するシャークネード! 2階建てバスにサメの群れが突き刺さる! 観覧車が転がれば、大混戦の中にあってもフィンたちが口を揃えて「どこかで見た」と1作目からのファンへ目配せする繊細さ! ビッグベン崩落!エメリッヒオマージュか? そんなわけはない!ビッグベンから落ちてきた時計の針で戦うフィンの順応性の高さはこのシリーズを続けてこられた理由のひとつだ! 片足失いながら戦う首相の勇姿! けど間違って吹替版をダウンロードしてしまって見ており、頭悪そうな声をあてられてるから早死にしそうだこの首相! その首相に秘書が突然愛の告白!首相はそれを受け入れる恋愛体質、なのに直後巨大サメの下敷きで憤死する秘書!「特殊な環境で生まれた恋は長続きしない」とサンドラ・ブロックが唱えた「スピード理論」は健在だ! バッキンガム宮殿を襲うシャークネード! 動かぬ衛兵を「お前ら何をじっとしてんだよ、戦うか死ぬか選べ!」と焚き付けるフィン!映画史上最も弱そうな近衛兵がか弱い鬨の声を上げる! そして現れたのは映画史上最も不細工な女王陛下(怒られろ!)、サメが飲み込んでいた冠をサメ口から奪い返したフィンは「女王陛下万歳」と差し出して陛下戴冠… で、ようやくタイトルバック。ここまで約20分の大乱戦。まったくもってのシャークネードクオリティ(高いとは言っていない)!5作めでも落ちることのないこのテンションとバカバカしさ、素晴らしいったらない! 息子ギルがシャークネードに巻き込まれて行方不明だが、百戦錬磨のフィンは諦めない。被っていたヘルメットの信号が示すギルの居場所はオランダ! シャークネード迎撃の飛行船が登場だ。名前はヒンデンブルク。「縁起の悪い名前だ」とディスるフィン。 うーむ、読んでる方は分からないけど書いてて全然飽きない。 ギルを助けるためシャークネードに突入するヒンデンブルク!科学者は飛んでいく!墜落していくヒンデンブルクから「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」のゴムボート的に一枚の板で脱出するフィン達!場所はスイス!雪の山麓に落ちたフィン達の目の前にたまたま3人分のスキーセットがある幸運!迫り来るシャークネード! スキー板をプロペラにして飛べとサイボーグ嫁エイプリルに指示するフィン! やれと言われたらやるエイプリルはエイプリルネードと化す!それが雪崩を誘発する! やめろエイプリルと間違えたことをすぐに撤回できるフィンは移り変わりの激しい現代のリーダー像だ! サメ雪山を降りていく後景で流れるThe Kids Aren't Alright/オフスプリングが爽快! シャークネードの中にギル発見!だが謎の亀裂に飲み込まれて吐き出された場所はシドニー!武装してるオペラハウスがシャークネードを攻撃する!要塞として設計されていたと言われればそうとしか見えない! お次はリオだ!コルコバードのキリスト像も陥落…怒られてしまえ!だがキリスト像は最後に大きな仕事をやってのける!これは文字にしても伝わらないから割愛! お次はローマ!コロッセオ!なるほどザ・ワールドか、世界ふしぎ発見か、イッテQか! ローマ法王からサメ戦士の称号を授かるフィン… そして沖縄キタ! サメの量が激増してイワシトルネードみたいな密度になってるシャークネード!!いやー、ついに日本に来てくれたかと喜んでた僕の耳に、次のセリフが。 「ああ、沖縄から方向を変えて…日本に向かってる!」 沖縄はどこ扱いなのだろう。 まあ僕だってサンタフェがメキシコかニューメキシコ州か分かってないし、よしとするか。 そして東京!フィン達はカプセルホテルに出現。 サメの群れは大きなサメの塊となり、「サメゴジラ(SHARKZILLA)」に!第何形態だこれ?東京タワーが絵になる! ノヴァが… マットが… エイプリルが… ギルも不明のまま。 世界は廃墟と化し、全てを失ったフィン、初の敗北…「復活の日」の草刈正雄みたいにひとり彷徨うフィン… そこにBKTFラストのドクみたいな雰囲気で、俺たちのレッド・スコルピオン=ドルフ・ラングレン登場!「パパ!」だって!へ? 「行く先では免許などいらない」 これは「道?道などいらない」オマージュ! TO BE CONTINUED→

  • npp********

    4.0

    ネタバレシャークネードで世界一周!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gjfkhklg;l

    5.0

    えらい金かけてるな。

    こんなくだらん映画にえらい金をかけてるな。 ロケ地多すぎだろ。

  • bvinx

    1.0

    私には無理でした…

    『“鮫竜巻”がついに日本にも上陸!世界で同時多発するシャークネードに、息子を呑み込まれた主人公たちの戦いを描くモンスター・パニック第5弾。 一連のシャークネード撃退で活躍したフィンは、妻エイプリル、息子ギルと共にロンドンのMI6本部を訪れていた。一方、対シャークネードの秘密組織を結成したノヴァは秘宝“デュークワカ(鮫の神)のハーネス”を発見するが、それを持ち出した途端、巨大なシャークネードが発生する。』 ムービープラスHPより引用。 サメ映画もアサイラムも好きでよく観ますが、これだけはダメでした…。 1~4を吹っ飛ばしてこの5を観ましたが、まともに観ちゃいけないと判ってはいながらも、それでも苦痛…。ラストの6作品目も録画していましたが、削除を…。 世界各国の名所を見れた部分では楽しめました。唯一、モンスターボールだけはツボ。 あとはエイプリルの叫び声が終始受け付けなかった…。

  • tkt********

    3.0

    伝統芸衰退の危機!

    大ヒットB級映画『シャークネード』シリーズの第5作。 世界中で発生したシャークネードを追っていつもの一家が大活躍するドタバタコメディです。 脚本は本当に適当で『何がどうなったらこうなるのか』みたいなとこは一切考えてません。 そのくせ『理論上はね』みたいなセリフを持ってくるあたりがこの作品の良いところです。 ただシェパード一家の伝統芸『サメに食われる→奇跡的に腹を破って生還』が見られなかったのは残念なところ。 とにかく頭空っぽにして大笑いしてください。 バカバカしすぎて★2.5。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シャークネード5 ワールド・タイフーン

原題
SHARKNADO 5: GLOBAL SWARMING

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-