2017年11月11日公開

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル

XAVIER DOLAN: A L'IMPOSSIBLE JE SUIS TENU/XAVIER DOLAN: BOUND TO IMPOSSIBLE

522017年11月11日公開
グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル
3.0

/ 32

22%
16%
25%
16%
22%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

グザヴィエ・ドランは、19歳のときに作り上げた『マイ・マザー』で注目を浴びる。その後、『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』などを発表し、『たかが世界の終わり』まで監督として6作品を手掛けてきた。マリオン・コティヤール、ティエリー・フレモー、ガス・ヴァン・サントといった映画人や、ドラン監督へのインタビューを通じて彼の魅力に迫る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(2件)


  • 柳澤明美

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘勤務の柳澤明美は、入居者間で嫌がらせが起こると双方の言い分を聞かずに「書類上」軽度の記述がある者の言い分のみ鵜呑みにし、施設内で嫌がらせや虐めが行われている事は承知しながらも対処したくないばかりに「ないもの」と決めつけて嫌がらせの結果入居者が感情的になってしまった際「チラリ」とも「嫌がらせの結果かもしれない」という発想にはならず(偏見から)警察を呼び経緯を正確に説明しない。 又、「そもそも経緯を正確に理解していない(部屋内での嫌がらせは把握していない)」当然正確に理解していないものは、正確に説明する事が出来ず 事実とは異なる説明を警察に対して行う。 このような間違った対処をして就労間近だった入居者(かつての)を数年に渡って引きこもり状態に追い込む程の精神的苦痛を与えた上で謝罪さえしない「本物の鬼畜」

  • 柚子

    3.0

    個性派監督を応援します

    いかにして、監督グザヴィエ・ドランは誕生したのか 直感的な、他の人にはない才能が確実にある ただお金(予算)がない ひたすら金策 その頃まだ10代… そりゃ仕方なし ああ、俺はもうダメかしらん~ カンヌによって救われる その後、天狗にはならず、人の意見はちゃんと聞く、取り入れる(らしい) 尚且つ、自分流 なぜかアンチも多いが(多分、ひがみだ)アッパレな奴だと私は思う 頑張れよ~ 私はずっと応援します!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル

原題
XAVIER DOLAN: A L'IMPOSSIBLE JE SUIS TENU/XAVIER DOLAN: BOUND TO IMPOSSIBLE

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日