2018年3月10日公開

坂道のアポロン

1202018年3月10日公開
坂道のアポロン
3.9

/ 1,921

38%
35%
17%
5%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(346件)


  • mok********

    5.0

    大志くん。

    大志くん、演技が上手でドラムも上手で、ビックリ!! 役によって、まったく別人になっていて、(俳優さんだから、当たり前かもだけど) 魅力満載でした。 すごく良い、心に響く映画でした。 ジャズが好きになりました。

  • tks********

    3.0

    もう少しで5角関係

    5人の登場人物がそれぞれ想う相手がそれぞれ別の相手を想っているのが面白かった。どうせなら5角関係にしてほしかった(同性愛になってしまうが)。 それと長崎の情景が良かった。

  • OTO48

    3.0

    もったいない感じ

    設定は面白いのですが、それを活かせていない感じです。 普通には観れましたけど。

  • azn825

    4.0

    ネタバレロックなんかやらん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ラウムイワオ

    3.0

    よくある青春ストーリー

    小松菜奈を持ち上げすぎていない普通の女優として扱ったまともな作品。

  • mad********

    4.0

    音楽の良さをもう一度。

    内容はベタかもしれないが、青春って元々ベタなんだからいいのかなと? ジャズを中心に友情・恋愛・失恋・別れ・再会。 やっぱり音楽っていいなって思った! がむしゃらにジャムってた頃を思い出した感じ。 見る価値はあると思います。映像の温かさも良し、ジャズを選んだセンスも良し! 終わり方も良し!

  • たーちゃん

    3.0

    ネタバレマイ フェイバリット シングス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kon********

    4.0

    クライマックスは学芸祭

    昔の高校生達の青春群像だが、設定に少しの違和感もある。まあ佐世保という地域性をよく出しているとも言えるが。喧嘩別れしていたふたりが学芸祭でセッションするシーンは最高!高校生とは思えない見事さ。小松菜奈の長崎弁がキュート。

  • 週末社長ゆず

    1.0

    若者ってなんて視野が狭くてくだらないんだ

    若者の恋愛映画って陳腐で、くだらない悩み抱えてて 本当に視野が狭いなといつも感じる。 小松菜奈の大根ぶりにもウンザリする。 いつも同じポーカーフェイスで、 演技してるのか目を開けて寝てんのか分からん。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    中川大志

    若い

  • かめたろう

    4.0

    爽やか青春ジャズ映画

    1966年の佐世保を舞台に、ジャズから繋がる若者達を描いた爽やかな青春映画です。作りがベターな面、分かりやすいキャラクターが感情移入しやすくて、良い作品だと思いました。

  • xwh********

    3.0

    見て損なし!

    高校時代というのでは、ちょっと括れない青春映画。 時代背景がそうさせているのかもしれないけど、登場人物の設定がすこし感情移入を妨げる。 でも嫌な感じではなく、一線を引いてみることができました。 最後やっぱやらんのかーい!というのはなんかこうお決まりのような。 この後の三人がどういう物語を刻むのか、とても暖かい気持ちになれる映画でした。 ご都合主義上等。 この終わりは見終わって嫌な気持ちが残らない。 最後3人が映ってる写真は本当に友情を感じました。

  • mit********

    5.0

    これもJ:COMで観ました

    2020年3月と思います-今日4月3日 終わり方が大好きです-昨日投稿の3月のライオンでも言いましたが 小松菜奈美人ではないけど魅力的 な女優さんですね-大泉洋(僕は嫌いなんだけど)との「恋は雨上がりのように」?で認識 中川君はNHKのLIFEのコントでも鍛えられてますが、若手では一番の演技力かと 知念君は眼鏡で最初誰だか解らなかった-最初に3人の名前出るのに外の2人に気をとられ(^_^; そういえば今年はTVの必殺なかったなあ

  • fli********

    4.0

    青春ベタをしっかり押さえた良作

    これでもか!ってくらい、青春ベタベタシーン満載でしたね。「ザ、青春なら、ここでこうなる!!」ってのを見事に披露してて、さすがにベタすぎるのではと思わなくはないですが、、、。 でも前半の伏線に対する後半の対比であったり、選曲のセンスであったり、演奏シーンの演出であったりと、要所をしっかり作ってあるので楽しかったです。 だって、観終わった後、ジャズ聴きたくなりましたから。

  • yut********

    3.0

    漫画読んだけど、まあいいんじゃない?

    小松菜奈可愛い あとは普通

  • すまりっち

    3.0

    アニメだけで良くない?

    悪くないけど実写化した意味が感じられない。そこにつきる。

  • xma********

    3.0

    60年代の街がきれいすぎる。特にゴミ箱

    なんの予備知識も無しに見た。 生まれた境遇に苦しんだり、好きという気持ちを素直に表せない少年少女。 「止めてくれるなおっかさん」的な大学生、それに忍んでついていくお嬢様。 こんな古くさい・・いや懐かしい青春ドラマに需要があることに驚いた。 なんか原作は人気マンガらしいが何巻分くらいを詰め込んでいるんだろう? ちょっと駆け足すぎて最後の再会シーンになんの感慨も湧かない。 せめてそれぞれの人物をもう少し掘り下げていたらもっと良くなったのでは? 特に律子を。 また主役のメガネの演技力不足も気になった。 セッションシーンがいいと聞いていたが、イマひとつだった。 デイミアン・チャゼルの「セッション」ほどとは言わなくても、もっと盛り上げてほしかった。 不満ばかり書いたが満足度はそれほど低くない。☆は3.5というところか。

  • yxe********

    2.0

    小松菜奈

    の演技が下手すぎる まずりっちゃんのキャラと違いすぎ 原作ではもっと大人しいけど芯はしっかりしてるイメージなのに、、こんなに気が強い感じではミスキャスト 表情もどの映画でも同じ深みのない表面上だけの薄っぺらさ この人の演技は自分を出し切っていない貼り付けたようなものを感じます 顔は個性的で好きなのですが、、演技舐めてるのかな? 正直女優じゃなくモデル(と言ってもスタイルも良くはありませんが)などの方がまだ向いているのでは? せめて方言をきちんと言えるぐらいの努力はしてほしかったです 見ていて不快になるレベルでした 中川大志さんが1番良かったです ストーリーはあれだけの内容を映画の尺に収めるのは厳しいと思いますので原作と比べるのは酷かな、と 楽器演奏のシーンは代役を使っていないところに努力を感じました 相当練習されたんでしょうね 演奏力などは原作でも高校生設定なのでそこまで求めるのはおかしいと思います 役者魂を感じたので感心しました

  • mar********

    2.0

    主役の演技力を気にしない方にはオススメ

    60年代佐世保の空気感、友情、古き良き時代の高校生らしいさわやかな恋愛など、素晴らしい出来だったアニメ版と舞台装置は同じです。 映画なのでだいぶ短くまとめる必要があるためか、性急な印象はあるものの邦画らしい運びでストーリーは進みます。 主役の演技力を気にしない方にはとてもオススメできます。

  • ain********

    3.0

    セッションがぐっとくる

    単純な物語だけど、 セッション場面がどれも熱くなります。 友情や恋愛など青春時代の感覚が よみがえります。 時代背景も合ってたのではないかと 思います。

1 ページ/18 ページ中