ここから本文です

坂道のアポロン (2017)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 538
  • みたログ 1,641

4.00 / 評価:1,432件

大人こそ観てほしい作品、特に50代~に!

  • nen***** さん
  • 2018年2月16日 15時47分
  • 閲覧数 3173
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

1966年高校生だった3人の出会いと繋ぐ音楽…
若い子向けの作品と出演者のイメージで思ってしまいがちですが、これは50代~こそが浸れる作品。
当時の佐世保を知らなくても、その時代にあった小物だけでも「そうそう」と共感出来る筈。又、今レコードの良さがじわじわと来ているようですが(何故か中古屋さんには海外から探しに来る人がいるそうで、日本の中古は程度が良いらしい)レコード屋に通ったことのある人なら尚更懐かしいと思います。
そんなエピソードもありながら、3人(小松さん、知念さん、中川さん)のそれぞれの想い、音楽を通しての友情、それから、三木監督今回も心に残る作品送り出してくれました。


中川大志さん、私の記憶の中で古いものが「今日のキラ君」だったと思うのですが、これを観た時はいまいちというかあってないなぁと感じたんです。ですが今作品、その後の大河ドラマ等の経験が演技に磨きがかかりました。セッション中に見せる表情、センの人物どれもが彼に乗り移っているかの様です。(余談ですが、センの子役時代の子が似てて涙誘うんですよ)

センとボン、青春時代のキラキラと切なさ、大人男子にもお勧めな作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ