ここから本文です

山猫は眠らない7 狙撃手の血統 (2017)

SNIPER: ULTIMATE KILL

監督
クラウディオ・ファエ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 43

4.25 / 評価:32件

まぁまぁ…かな。

  • sou***** さん
  • 2018年8月16日 9時32分
  • 閲覧数 548
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

オープニングに登場する女性の裸が人工美的に美しい。ベティちゃんフルヌード的。

……さて、と。

ぼちぼち楽しめた。

が、シリーズの中では中位。

主人公がジュニアに移ってからは、ハイテク兵器が次々と登場していて、今回もトンデモ兵器が登場する。
ジュニア登場以降、ハイテク兵器は見処のヒトツとして撮っているのかも。

スナイプとミリタリーサスペンス要素を絡めるパターンなので、脚本的に序盤の作戦あたりは上手くいきそうもない匂いがプンプン。
そこから、いろんな展開があるのだろう…、の構成に対し回収を期待して観る事になる。

最早、TVドラマシリーズのような作り方。主人公の職業が、医者だろうが警察だろうが収監者だろうが、戦う相手がゾンビだろうが、結局続くのでしょう?って雰囲気なのだ。
そんな作り方って、映画として作る必要性ある?とも思うけれど…
まぁ、ゴルゴ13ファンの僕は、スナイパー対スナイパーの物語を良くも悪くも飽きずに観続けているわけで…。
結局、毎回、毎回、ロングショットと心構えはワンショット ワンキル、を眺めるだけの事。これを好んで観れないならばおススメしようもない。

エンディングは当然のように、トゥ ビィ コンティニュー的。
ここまで行けば、下町腹巻き男や釣道楽中年オヤジのようにロングセラーを目論めば良い。
なんと言っても、世代交代に成功したのだから幾らでも製作可能だ。JKヨーヨー警察は3代目で途切れたが、ベケット家には養子縁組してでも、海兵隊にしてスナイパーの家系を繋ぎ続けていただきたい。
その為には、2代目ベケットの精神的お疲れを解消してもらわないと…。

話が逸れた。
まとめると、楽しめるが忘れ去るストーリー。
2代目ベケットに関しては、武器の〇〇が登場したの○作目、と覚える事になっている。思い出に残らないその場限りのストーリーは、見逃しても続きが観れるTVドラマか読み切り漫画状態。最高は無くとも最低も無い、暇つぶしに最適シリーズかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ