2018年3月21日公開

トゥームレイダー ファースト・ミッション

TOMB RAIDER

1182018年3月21日公開
トゥームレイダー ファースト・ミッション
3.1

/ 1,542

9%
25%
41%
18%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(263件)


  • sar********

    3.0

    トゥームレイダー?

    トゥームレイダー感はあまりなく、それっぽいシーンは後半から少しありました。 トゥームレイダーがどうこう以前に話が盛り上がりません。 謎の組織とか仲間とか親子愛とかウケそうな要素を上っ面だけぶちこんでる感じです。 主人公もかわいく感じられませんでした。 冒険物にも関わらず日常パートも長くとってあるのに、どちらかといえば不快なシーンしかないのはとてももったいなく感じました。

  • ちさぽん

    2.0

    ネタバレふつうのララちゃん。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gxn********

    1.0

    なんかチープ

    ハリウッド映画らしく、派手なアクション連続なんだけど、 ・・・・なんか全てにおいてチープに見えてしまう。 よくあるハリウッド映画をパクった作品感が何故かする(-_-;) 何なんだろう?このチープ感は?? なんかゲームの画面をみているような・・・ 少なくとも俺には、観ていてハラハラ、ドキドキしませんでした。

  • ジュン

    2.0

    設定がおかしい

    日本の領土なのに香港から船で行けるとかその島で外国人が好き勝手やってるとかそもそも日本の島っぽくないとツッコミ所満載 スタッフに日本人いないにしてもせめて日本調べてから映画作れよ 後中国人俳優使うくらいなら真田とか渡辺使ってやれよ

  • ivo********

    2.0

    ネタバレウルヴァリンサムライと並ぶ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qrm********

    5.0

    アリシア・ヴィカンダーを観る映画

    「Really?」とかアクション中に発する声がちょっと橋本環奈さんに似ているアリシア・ヴィカンダーを観る映画。 以上。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    古代もウィルスには敵わない

    鬼道は感染症だったとは。 邪馬壹国はここだとついでに言ってくれたら良かったのに。

  • mr_********

    3.0

    2作目は無い?

    「トゥームレイダー」というと、どうしてもアンジェリーナ・ジョリー主演の「トゥームレイダー」(2001)を思い浮かべる。 アンジーのセクシーで不敵な面構えが、アクションもガンプレイも男勝りのララ・クロフト像にピッタリで恰好良かった。 リメイクの今作のララ・クロフト役にはスェーデンの女優アリシア・ヴィキャンデルが抜擢された。 良い俳優さんだがララ・クロフトのイメージではないと思う。 映画でもごく普通のスポーツ・ウーマンといった感じ。 秘密組織の男たちと互角以上に闘うのは違和感しかない。 それに無人島の冒険活劇も今風では無く古く感じる。  今更なぜリメイクしたのだろう? しかも、2作目がありそうなエンディングだが、続編はあるのだろうか? アリシアは「エクス・マキナ」(2015)のロボット役でファンになった女優さんだけど、ララ・クロフト役は向いていないと思います・・・。

  • まあくん

    3.0

    つづきが気になる・・・

    なかなか見応えのあるB級映画だ。 ラストの思わせ振りなシーンがとても気になった。

  • wor********

    3.0

    続き気になるか?

    休日の少ない時間で映画見ようって思った方、皆さんのレビュー点数の通り他のにしましょ。名作はいっぱいあります。 アクション面では悪くは無いです。ストーリーが薄いです。深みがないです。ダシでません。 敵の巨大組織があるみたいですが、全く掘り下げられていないため、食いつけませんでした。あっ、別にいいやってなります。 でもアリシアの今後の活躍に期待。(他作品で)

  • yuki

    4.0

    面白かった

    なかなか面白かったですが? 皆さん、評価が低いですね… 私はアンジー版の頃は全く興味が無かったので まだ観たことがありません ゲームにも思い入れがありません 結果、なかなか楽しく観られました 過去作に戻ってアンジー版も観たいと思いました それぐらいには面白かったです 確かにヒミコとかなんとか言っている割に 日本ぽさは1ミリもありませんでしたけど、 そもそも外国人が描く日本なんて 昔から中国みたいになるし そんなことは始めから全く期待していません 予告編を観て面白そうと思ったものは だいたい面白いし、 つまらなそうと思ったものは だいたいつまらないし、 その時の自分が観たいものかどうかでも 映画の印象って変わりますよね あとは観た時の自身の年齢 数年後に観ると、面白かったものも 面白くなくなってたりするし いつ観ても面白いものもあるし。

  • bas********

    2.0

    アンジーの陰に隠れる

    これはもうどうしようもないんだけど 前任者アンジェリーナジョリーという大スターの後というのは やはり難しいものがある。 アリシアヴィキャンデルは頑張ってはいるものの 圧倒的にオーラに欠けるし特に声が良くないと思う。 叫んだり呻く時に声がかすれ気味になるのが聞き苦しい。 そのオーラ性に目を瞑ったとしても物語として如何なものか。 タイトル通り初めての冒険譚、ビギンズものだから あんまりララクロフトが活躍しないのはともかく 初めての謎解き・神秘の目の当たりに対する反応として ビギンズものとしての正当性が無い。 前作や「インディジョーンズ」だって主役がスペシャリストだから 古代ミステリーに挑むのに正当性があったのに ジムのトレーニングでもへろへろ、勇敢さと無鉄砲さを履き違えた状態から 成長を描かないままいわゆる「ララクロフト」になっていく 物語とすべきなのに本作ではそこが全く描かれていない。 物語のトーンにも疑問だ。 前作までが言ってしまえば陽性に振り切った作りだったのに対し 本作はよく言えばシリアス、悪く言えば陰気臭い作り。 そうなると当然「敵を倒す」行為のハードルも上がる。 中盤での初めての…シーンをシリアストーンで押し切るには ちょっと無理がある。

  • fg9********

    2.0

    いっそのこと中国の「楊貴妃」とした方が…

    …在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …「リリーのすべて(2015)」「エクス・マキナ(2015)」のアリシア・ヴィキャンデル主演とあったので、観てみる。  …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。  『大学生のララ・クロフト(アリシア・ヴィキャンデル)は、バイク便のライダーとして働いているが、生活はいつもギリギリ。  冒険家である父親は彼女が子供のときに行方をくらまし、亡くなっていた。  その父の最後の目的地が、日本のどこかにあるとされている神話上の島の伝説の墓だった。  ララはその島を探すために冒険に乗り出す。』  序盤のバイク便のライダーとしてのララは颯爽としてカッコイカッタし、ボクシングで打ちのめされても溌溂としていたので、掴みとしては惹かれる流れだったな。  で、「日本のどこかにあるとされている神話上の島の伝説」というのが「邪馬台国の卑弥呼」という設定だったので、俄然観る気が湧いてきたが、香港から船で行くというし、辿り着いてみたら、日本の風情など何も感じられない熱帯の孤島のような場所だった。  そこで囚われて奴隷のように働いている人たちも、どこから見ても中国人で、ダニエル・ウーが共演しているので配慮したにしても、どうにもとんちんかんな演出なので呆れ返ってしもうたワイ。  それはそれとしても、「卑弥呼」は魔力で人の心を操ったり、触れただけでも人を殺せる等の魔女らしき人物像として設定されていたが、実は、病原菌を持っていたとかの話になり、その太古の病原菌が現代にもというとんでもない話になってきたので、いっそのこと中国の「楊貴妃」とした方が先見の明があったと言えるだろう。  後はもう、「インディー・ジョーンズ」「ナショナル・トレジャー」の下手な亜流が繰り返されるだけだが、激流の滝つぼでの危機一髪は若干ハラドキしたな~。  アリシアをアンジーと比べるのは酷な気もするが、迫力・存在感ともに子供と大人ぐらいの差があったように思われたものの、本人も「張り合うのは不可能」と語っているらしいので、その辺りの潔さは認めてあげてもいいのだろう。  また、ラストでララが質屋で拳銃を手にしてニタッと微笑むシーンは、愈々これからが正念場!という爽やかな決意を漲らせてくれたので、続編に期待を込めて、一見の価値程度はありの2.4点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3760件、2020年度203作品目)

  • スナフキンM

    3.0

    小粒で華が足りないヒロインが残念

    アンジェリーナ・ジョリーが演じたララ・クラフトより以前のトレジャー・ハンターなりたての話。 ヒロインは腹筋バキバキでこの作品のために凄く鍛えたのもわかるし、頑張っているが、どうにもスケール感がアンジーとは比較にならない。身長が低いこともあって、どうにもヒロインとしてのオーラが不足しているのが残念。 にしても、この作品の問題は冒険や謎が陳腐極まりないところだろう。卑弥呼が島流しで無人島に墓がある?おいおい、いくらなんでもひどすぎるだろう。 しかも時代からいって、あんなギミックだらけの仕掛けを作る技術もないって。 色々なところで「レイダース失われた聖櫃」のパクりを感じるが、謎解きはまったく悩むことなく、サクサク解かれてしまうのが、まったくワクワクしない。 まあ続編はないでしょう。

  • doj********

    1.0

    しんどい

    テンポ悪くて、見るのギブアップ

  • odeode1940

    4.0

    ☆1だ2のガヤレビューアー

    前作までと違う、ご都合主義、金返せ、と ☆1~2のガヤに。 イイじゃない。別映画として観れば。 ご都合主義が映画でしょうよ。若き日のララではなく、ララって主人公の映画、でいいのでは。邪馬台でもHIMIKO でもさ、形はどうあれ、日本が取り上げられるなんて、中々無いでしょ。文句イイ過ぎ。ただのガヤ。 確かに消化不良気味ではあるけれど、 2、3、とやってくれたら、それなりに 見応えが変わる、そんな事を匂わせるラストだったし。 金返せ→自己責任じゃ。ボケ。 前作までと…→そもそもアンジーじゃない時点で別だわ。 ご都合主義→映画観るのやめな。 中国臭→いつもの事。等々、ですか。 次作出たら?俺は観るけど!

  • hnh********

    2.0

    は?日本は?

    私は、トゥームレイダーってゲームなんですか?全く知らずに、アンジーとかの作品とかも観ずにいきなりこの作品が気になったので観ましたが、ジャケットにも『謎を解く鍵は日本に有った!!』とか書いてありましたが、何処に日本が出てくるんですか?作品中、日本って出てきましたか?あと、中国人イケメン俳優を持ち上げてて、中国マネーが絡んでるんですかね?やっぱり。なんか、日本を巧く使われた感が有るね。もうちょっと、このシリーズとかを勉強しますよ。

  • san********

    3.0

    普通に面白い

    アンジーのような色っぺーさがない主人公。 まぁ、若かりし頃ということでOK?

  • 太郎

    2.0

    まぁ良いんじゃないか

    この手はいつも突っ込みどころは満載だが、暇潰しにはなる。 新しいモノは、驚くほど何も無い。

  • あかし

    3.0

    物足りなさが残る

    ストーリーが薄く、ワクワクドキドキするような展開がない。 昨日まで一般人の日常を過ごしていたララクラフトが躊躇なく人を殺す。その順応力は見習いたいなと思った。

1 ページ/14 ページ中