レビュー一覧に戻る
サバイバーズ

サバイバーズ

DAG/THE MOUNTAIN

86

has********

4.0

ネタバレ冬季山岳戦 トルコの知られざる部分

☆942 原題< DAG > 邦題「 ザサバイバーズ 」2012年 トルコ 原題は<山> 冬季山岳戦(4人の軍人しかいないが対ゲリラ戦)を描くから 登場人物とダブルキャストの人物名から 気付く人は気付く原題とかけ離れた邦題の 第1作目で2作目もある。 ケマル軍曹 ヤシャール中尉 べキール オーズ かなり愛国ナショナリズム的映画と気付くだろう その中で描かれてるのが<徴兵制度>であり、 中でも大卒(在学)中の徴兵者と高卒などの 待遇の違いまで描いて一種の分断というか 金さえ払えば徴兵逃れができる制度があるらしい (日本でもWWIIで大金持ちの子息は 少なからず徴兵逃れをした) ベトナム戦争下でのアメリカも徴兵されなおかつ ベトナムのジャングルで戦ったのは貧困家庭や黒人が アメリカの人種構成や収入層との平均からは明らかに 歪な実態があった(WWIIでもジョンウエインなどは逃れた 割に戦中戦後に赤狩りに参加する)ベトナム戦争時も 金持ちはカナダに逃れたりブッシュは州兵で疑惑があったり 貧困層と上流階級との格差があった 宗主国の現役大統領も徴兵逃れの疑惑がある。 大卒は別扱いに近い 冬季山岳戦となってる4名の小規模チームに 20名程度のゲリラが襲撃してくる2つしかライフルが ないので若い2人を士官と下士官が犠牲となり逃がす。 その2人が実はバラックでは最悪の関係からスタートしていたと 順序を度々入替えるから混乱する構成で流す。 戦場での友情 PKKなどの実際今もトルコが交戦状態にある事が背景にある 冬季山岳戦をトルコは以前にも描いていて トルコ中心部や北部はそこまで高い山はなさそうなので 南部の5000M級の山脈地帯がメインと為ってると思う ECではそれらの戦いで戦士した兵士の名前と思われる クレジットが延々と続く(恐らく数百人) 冬季山岳戦といえばX国が第231大隊第3中隊の 数日間の演習を7~8分×7のシリーズで紹介していた 23歳女性伍長が控えめに言っても美人だったのと 1600Mの登山訓練中に演習ではなく実際に負傷者が出てその 搬送に苦労していたのが印象的だった (5人がソリで牽き押し) 1名でも負傷者が出るとその救命救護に 労力を割かざるを得ず極端に<効率が下がる> X国はそれ以外の山岳戦の紹介もし単発のニュース形式の ドキュメンタリーと( 狙撃、兵站、襲撃/全て単独 ) ビデオジャーナリスト(広報の軍人)が体験紹介する シリーズでも取り上げてた、これが面白く2つあって1つは 終わったがもう1つはだいたい月間1作で2019年4月現在 NG集も含め53シリーズある。 国際情勢並びに軍事に並々ならぬ知識と情報を お持ちの方々がネットの主流なので国名タイトルを 紹介しなくても知ってるだろうから何時も通り書かない、 X国はアメリカ以外の全ての国をXと書き同一ではない。 ドイツ人 イタリア人 トルコ人 フランス女性とアイロン ドイツ人は先にアイロン イタリア人は先にベッド トルコ人は同時に・・・・・(フランス女性にさせる) ベイサル 無線通信の相手でIIで出てくる 仲が悪そうにして結局は良くなる トルコ軍といえば何故か電話がセット ECで種明かしみたいにしてるのが面白い 特殊部隊のトグリル中尉が救出に来る 28年間 千人以上戦死してる名前 MISTE GSW= GUN SHOT WOUND 因みこれがエスケープオブイラクの 前作、レビューがないから知らない気付かない見てないな。

閲覧数542