ここから本文です

犬ヶ島 (2018)

ISLE OF DOGS

監督
ウェス・アンダーソン
  • みたいムービー 344
  • みたログ 1,600

3.74 / 評価:1231件

Wes Anderson

  • Editing Tell Us さん
  • 2018年10月29日 20時54分
  • 閲覧数 602
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

今作は、#ウェスアンダーソン (#WesAnderson) 監督のアニメーション映画、#犬ヶ島 を取り上げます。

この映画はなんと驚き、ストップモーションで撮られた作品です。つまりは、数万枚の写真を撮り、パラパラ漫画のようにつなぎ合わせたもので、2時間の映画を作っているのです。

この作品で昨今話題になったのが、#クボ二本の弦の秘密 (#KuboandtheTwoStrings) です。美術館にその展覧会があっていたので見に行ったのですが、度肝を抜かれましたね。キャラクターだけでなく、バックグラウンドのセットから、海の波まで一つ一つ粘土で作り、それをミリ単位で少しずつ動かして、数枚の写真を撮ります。考えただけで、嫌になる。

それをやってのけるのが、ハリウッドの経済力です。
日本でも、ジブリを代表とするアニメーションは数万枚の手書きの絵で作られています。でも、あんだけ売り上げを記録したとしても、数年の歳月を費やしたのだから、利益もほどほどですよね。
それでも、挑戦する美的追求心、テクノロジーとの融合がとても素晴らしいと思いませんか。

これこそ、スクリーンで観るべき作品、もしくはDVD /ブルーレイを購入すべき作品だと思います。

前置きは長くなりましたが、今日はウェスアンダーソン監督を紹介したいと思います!
彼の作品は、#グランドブタペストホテルで 一躍有名となりましたが、彼の作り上げるスクーリーンでの画は美術的要素がかなり詰まっています。

色の使い方、フレーミング、アスペクト比など、スクリーン上に映し出されるものをとってみれば、彼の上に出る者はいないのかもしれません。

過去には、かの怪人#スタンリーキューブリック もそのような美的感覚を持ち合わせていました。

今作でいっても、普通のアニメーションとは全く違ったカメラの動き、またストップモーションの特徴を使った、実写映画との差異化は見ているだけで楽しくなります。

彼の作品は実際に目にしてみれば、その違いが一目瞭然です。

さらに、49歳とまだ若いから面白い。映画賞常連で、毎回の作品に大きな期待がかかる作品です。

次回作もまだ発表にはなっていませんが、楽しみでしょうがない監督の一人です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ