レビュー一覧に戻る
蝶の眠り
2018年5月12日公開

蝶の眠り

1122018年5月12日公開

oir********

4.0

懸案の日韓コラボは破綻なく及第点以上

日韓コラボはどの形態であっても個人的な印象としては実に宜しくない。 本作もネガな先入観が勝ちすぎてとても見る気にはなれなかったが、見終えての視聴感はちょっとした驚き!  ポジ印象の大きな要因としては主演男子の流暢な日本語が挙げられるだろう。と、ここで「なら、日本人でも良かったのでは?」と一瞬思ったものの、コリアンの異文化性との衝突・融合というテーマなくしては本作は成立不可能。 日本人男優であればどろどろ矮小化してしまったに違いない。 ヒロイン中山美穂も全く予想外の好演だったと感ず。 そして一番の驚きはコリアン監督。男性とばかり思い込んでいたが公式サイトを覗いたら女性でしたね!  女性監督作品は特に邦人の場合どこか浮ついた夢見がちな展開になりやすい印象。韓国女性監督作品は一つしか知りませんが同様の印象はやはりありましたね。 しかし本作は全篇堅実性が感じられ、小説空想場面も現実性から遊離しないような構成。 主演二人のラブロマンスだって夢見幻想とどろどろ肉欲どちらにも傾かない、穏当かつ説得力ある描写がなされてた(人によっては物足りないかも)。美しいとまでは言わないが絶対に醜くはなかった。 音楽もよく。どこかで見た名前と気になって調べたらあのゴーストライター新垣さんだったのでこれまた驚き! バカな芸人にバラエティで頭を殴られていた時は私も憤慨しましたが、音楽のプロであることを本作でも知らしめることが出来たのは良かったなぁと感慨。 エンドテーマもばっちり適合。いい曲でした。 総評3.7の四つ星

閲覧数758