レビュー一覧に戻る
ブリムストーン
2018年1月6日公開

ブリムストーン

BRIMSTONE

R15+1482018年1月6日公開

blue

2.0

サイコパス毒親物語

サイコパスな毒親に人生を台無しにされた女性の物語。 演技は上手いし文句はないけど、何で映画化したの? 私の義理の母親がサイコパス毒親だが、平気で腐ったものを娘に食わせトラウマになっている。その娘は虐待を受け精神的にも不安定なところがある。 サイコパスの恐ろしいところは、自分は絶対に悪くないと確信しているところだ。周りの家族の人生を狂わせてる意識すらない。だから、虐待をしながら普通に電話で近所の奥さんと雑談ができる。 だから、私にとってこの映画はリアルだった。こんな人種が本当にいることを知っているから。 この映画でもサイコパス毒親は殺さなきゃ終わらなかったが、本当にそう思う。心の底から死んで欲しいと思う。 それができないから、極力会わないようにしている。サイコパスと上手く付き合おうなんて無理。とにかく振り回される。 だから、私がとった決断は敢えて嫌われること。そうすれば、会う機会も減る。 この映画の主人公が哀れだ。こんな親を持つなんて、ウチの妻も前世でよほど悪いことでもしたのだろうか。 サイコパスへの警鐘を鳴らす意味では良い映画だけど、作品としては暗すぎる。辛すぎる

閲覧数1,682