レビュー一覧に戻る
ルイの9番目の人生
2018年1月20日公開

ルイの9番目の人生

THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX

1082018年1月20日公開

mr_********

3.0

パンチが足りない。

監督はアレクサンドル・アジャ。 「ハイテンション」(2003)や「ヒルズ・ハブ・アイズ」(2006)などのスプラッターホラー作品を思い出すが、今作は原作ありきなので彼らしいスプラッター描写は無い。 9歳で9回死にかけた少年の数奇な運命を描く。 映画は少年ルイの9歳の誕生日に崖から海中に落ちて意識不明になったところから始まる。 ルイは頭の良い少年でペレース医師のセラピーでも相手を煙に巻くようなところのある嫌味な少年だ。 少年の両親も夫婦仲が悪くてケンカばかりで別居状態。 ルイの入院中の病院のルイの担当医師パスカルと母親との危ない関係。 ところで母親ナタリー役のサラ・ガドンが大変な美人さん。 他の映画でも見かけたはずだが覚えていない! 脇役だったのかもしれないが・・・。 ナタリーは美人の上、男性に依存する女なので、周りの男がほっとかない。 男ってバカだな~と思う。 人のこと言えないが(笑) ところでこの映画、サスペンス系なのか、ファンタジー系なのかわからない。 どっちつかずの、映画作りなので観ている方が迷う。 たまに出てくる警察も何をやっているのやら・・・。 結局、パスカル医師は離婚してナタリーに接近する。 それで、目覚めたルイはどうなるのか、不明のまま・・・w

閲覧数436