ここから本文です

コレクター 暴かれたナチスの真実 (2016)

DE ZAAK MENTEN

監督
ティム・オリーフーク
  • みたいムービー 16
  • みたログ 91

3.70 / 評価:66件

2017年の作品とは思えない…

  • torov さん
  • 2020年11月15日 12時41分
  • 閲覧数 259
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1970年代を描こうとしているからだろうか。
1940年代の各地の戦況、1970年代の現況、調査手法、ハーグ裁判所あれこれ描き方が雑すぎる。杜撰とも言えるほど。

オランダ人の絵画コレクターの富豪が、第二次大戦中、ポーランド各地でユダヤ人ソビエト兵のみならず一般人まで殺害して蓄財した。
それを、一記者が暴いていく。

イスラエルのモサド、サイモン・ウィーゼンタール・センター、冷戦時のソ連、アウシュビッツに近いクラクフ。
この手の映画や小説に入れ込んでいる人なら、そのどれもを、台詞で流すのではなくきっちり意味を持たせて登場させてほしい。

もっときっちり作られていたら、絶対に面白くなったはず。実話ベースだけに、意味を持つ映画になったはず。
もったいなさすぎる!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ