2017年12月29日公開

バーフバリ 王の凱旋

BAHUBALI 2: THE CONCLUSION

1412017年12月29日公開
バーフバリ 王の凱旋
4.3

/ 1,331

57%
25%
11%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(163件)


  • t_y********

    4.0

    テンションずっと高いまま

    Netflixでバーフバリを検索したら、本作が出た。 素直に観始めたら、続編でした。 どおりで系図が分からない。 シヴァガミとバーフバリの関係が分かるまで暫くかかりました。 シヴァガミが摂政のように権力をふるってるのも、しっくりきませんでした。 「王の凱旋」の後に「伝説誕生」を観て、なるほどと納得(笑) しかし、分からなくともウキウキ浮かれますね。 ネタとしてそれはあり得ないだろう!と感じても、制作側は「いいの、いいの気にしないで楽しんで♪」 自信たっぷりに繰り出される、アイデアいっぱいの歌や踊りやアクション。 豪華な衣装をまとった、名優たちの演技にもオーラを感じる。 乗せられるって実に楽しい。 ちっちゃい事は気にせず、娯楽作品を堪能出来て本当に幸せ。 スカッと爽やかな気分になれました。

  • tai********

    3.0

    父親で1作、子供で2作目の方がわかりやすいと思う

    過去と現代の2部構成を2作品に分割して上映しているので、1作目は長い回想シーンだと思った。 話自体は神話、おとぎ話をそのまま絵にしたようで、最初は呆気にとられていたが、見続けていると面白くなってくる。

  • 風よ吹け

    4.0

    前半よりは短く感じた完結編

    前作の終わったところからしっかりおさらいして続けるので、実質的には大きな物語を二つに分けた、ということなんでしょうね。 なので、前作の後半のふり返り話が延々続きます。二人の対照的な王子の性格と、その二人の適性を見抜いて後継者を指名してきた「国母」シヴァガミが、ひとたび決断を誤ったために、加速度的にドつぼにはまっていく、というストーリー。個人の判断を盲目的に実行していくだけでは政治はできない、という象徴的な話でもあります。 で、現在にもどってくると、もう王位奪還しかないので、話は一直線。案外カンタンに達成してハッピーエンド、という感じかもしれません。 で、二作通してみての感想としては、単純にふり返りの部分をやめて、時系列に並べてみても、全然見られたんじゃないかなと思ったり。

  • yn

    4.0

    同じ俳優さんなのにバーフバリ(父)が好き

    見る順番を間違えて2を途中までみて1→2と見た。 2の冒頭の暴走する象を止めるバーフバリ父がすんごいかっこいい~ で、1から見直してバーフバリ息子…おなじプラバースさんなのに なぜか息子はいやらしい感じ。なぜ?笑 髭か?表情による演技だったらおそろしく凄い。 父の方が余裕があって雄大で優しくて…と惹かれる感じなのです個人的に。 全体的にはとても長いのでだれるところもありますがハマる。 いかにもCGがでてきてもなぜか盛り上がる不思議。 途中まで実子・養子を分け隔てなく愛して素晴らしい シヴァガミさまがなぜあんなに狂ったのかなぞですが(嫁への嫉妬?) もともとヒンズー文化が好きなのもありツボでした。

  • tmk********

    4.0

    ネタバレはちゃめちゃたけど面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jim********

    5.0

    驚くほど面白い

    前作を観たので続きで観た。前作もなかなか良作だったが、今作も素晴らしい。 大袈裟すぎるストーリーと原色多様の画面、役者の顔はくどくアクションはあり得ない派手さ。突然始まる歌。日本で作ったらギャグにしかとしか映らないがインド映画は癖になる。インド映画おそるべしレベル高い。

  • ********

    4.0

    前作より格段に良い出来

    正直前作は微妙だったが、物語として完結していなかったため続編も鑑賞、合わせて見ることで面白く感じる映画だった 前作はノリについていけなかったが、今作は序盤からギャグ方面に振り切っており、笑いながら楽しく見れた 「ババーン」みたいなオノマトペが似合いそうな漫画的表情をやり切っていたのが印象的 音楽も少なくなり見やすくなっていた 物語が進むと、とにかく母親の愚かさが目に付きイライラしてしまったので、前作から続く流れに話が戻ってほっとした 戦闘シーンは相変わらず目を奪われる凄さ しかもここに笑いを入れてくる斬新さ(真面目に描いたのかもしれないが) 微妙に溶け込めていないCGは気になるが、ここまでギャグ方面に振り切っていればそれも一つの味になっている 父である今作の主人公のバーフバリはとても魅力的に描かれている 前作より最も良くなったと思ったのはそこかな 欲を言えば、最後にアヴァンティカの活躍がもう少し見たかった 劇場の大画面で見るとより良いだろうと思う映画

  • 一般男性

    5.0

    2みなきゃ面白くない!

    2見て内容理解できる 2見てやっと真の面白さがわかる

  • 宮崎是彰

    5.0

    このパワー

    このパワーは素晴らしいと感じる映画です。なにこのなに という感想しか出てきません。 画面から感じる圧倒的パワーと奇想天外な演出。きらびやかな大陸文化?鮮やかな色彩。これぞエンターテイメントって感じです。 ハリウッドに匹敵する技術とハリウッドにはない表現力には脱帽するしかありません。 とても面白い映画です。是非視聴してみてください。

  • oce********

    5.0

    バーフバリ最強

    衝撃的な1のラストから始まる2作目の王の凱旋。 回想はさらに続きバーフバリの父アマレンドラの冒険が延々と描かれる。 身分を隠して一目惚れした相手に詰め寄っていき、そこから自身の身分を解き明かす過程。 1作目もあったように驚きのアクション描写が次々繰り出されていく。 3本の矢を同時に発射したり、雪山での直滑降。 そして城内に進入するためのぶっ飛んだアイデア。 こういうアクションを平気で見せることができるのがインド映画であり、同時に笑える要素も兼ね備えている。 ラストの1対1も定番。 ただ余韻に乏しいので、そこは完全版を見ることにしよう。

  • fic********

    4.0

    前作の予告の答え合わせ(苦笑)

    古代インドの神話。とにかくスケールが凄い映画。 わかりやすいCG満載で(苦笑)スケールはデカいし、突っ込み所は満載でしたが、面白かったし、インド映画の凄さは十分感じられる映画でした。 戦闘シーンのアイデアや、弓で矢を2~3本同時に放つは、見え見えのCGでしたが、クールで面白い演出でした。 典型的な娯楽作品でしたが、難しいことを言わず楽しもうと思えば、十分楽しめる。 ノーカット版があるみたいですが、基本映画はノーカットで観たかった、 でもカットしたにしてもちょっと長すぎるし、歌や踊りは邪魔でした(苦笑)が そこそこ面白かったし、インド映画の凄さは十分感じられる映画でした。 星はおおまけで4つ付けました。

  • kps********

    5.0

    神々の戦い、神話

    いやー凄過ぎワロタw ホメロスの叙事詩超えたんじゃないの? ちょっと前に見たブラピの『トロイ』は完全に超えてるな。 ブラピのアキレスも格好良かったけどね。 まあ普通の人の話じゃないよね。 インドの神様の一族のお話=神話だと思えば全て腑に落ちるので、ギリシャ神話とかを読むように見たかな。 簡単に神話だと言うけど、それを表現して納得させるのは並大抵じゃないので、 この映画の底知れないエネルギーというかパワーを見た気がする。 あんまりインド映画見てないんだけど、それはマズイのだろうか? そんな根源的な凄さをこの映画から感じた。 ちなみにこれまで700本レビュー書いてるけど、その中でこの映画に匹敵するパワーを感じる映画を挙げてみると、ジョージ・ミラー『マッドマックス・怒りのデス・ロード』、スピルバーグ『プライベート・ライアン』、アレクセイ・ゲルマン『フルスタリョフ、車を!』が挙がった。 たったの3本しか出てこないw ジョージ・ミラーとかは、この映画見たらたぶん嫉妬すると思う。 そんな感想が心に浮かんだんだけど、それ以上の褒め言葉はたぶんないでしょう。 唐突に入る歌とかミュージカルって自分は苦手なんだけど、超人→軍神→神々の戦い、という風に見るとミュージカル風の音楽もこの上なく嵌りますな。 「神々や女神達の祭り」 そんな感じ。 ということで文句なしの★5つを付けますが、未見の人にはあまり深く考えずこの映画からほとばしるパッションを感じて頂きたい作品です。 いやはや、しかし凄かった。

  • ari********

    5.0

    王道中の王道!これぞ王!

    自らの出生の秘密を知り 父の願い、囚われた母、民の幸せを守るために 一人の戦士が立ち上がる! 王道といわれるものをこれでもかと突っ込んで 濃い顔と、しつこい味に仕上げた表現・演出とド迫力映像。 大袈裟な音楽とアップにスローモーション。 一言なら超王道痛快娯楽活劇。 古いとかクドいとかどっかで見たとか言われるけれども 観たいものが観たいだけ 目一杯詰まっているアクション映画なので 評価ががはっきり分かれそうだね、★3は無い。★4以上か★2以下に。 好きな人だけ観ればいい。 歌も踊りもあるけれど そこはしつこくなく物語の流れに沿って組まれて いるので違和感はなかったしファンタジーな演出も美しくカッコよかった。 二人で弓矢を放つ姿はとてつもなくカッコ良くてシビレマシタ。 ラストはスパッとあっけないほどにエピローグらしきものが無い。 潔く興奮の頂点で終わる。 (ちょっと余韻があってもいいのにね。恋人アヴァンティカをもっと活躍 させてほしかった。セリフもほとんど無かったし。)

  • ter********

    5.0

    感服です。

    二部作の後編です。 もー…凄かったとしか言えない…。 やりたい放題はやりたい放題で…。 感動の雨あられ…。 世界中のどの大作もバーフバリの前では色褪せるでしょう。 インド…インド…インドだよ。 最後はあっさり終わりましたが、あれでよかったと思う。十分感動させられました。 ありがとうございました。 生きててよかった。

  • huk********

    5.0

    バカッコイイ

    バカッコイイ…という造語を作ってしまうほどバカみたいにかっこいいシーンの連続。 チャウシンチーの映画に通じるものがあるな、と思いましたがあちらは照れが底に少しあるけどこちらはただひたむきに観客が満足するよう誠実に真面目に作られている感じがして…好みではない人もいるでしょうが愛すべき映画だと思います。 お客さんにサービスしようとどんどんナンが巨大に、盛りが過激になっていくインド系居酒屋みたいな映画でした。

  • yaj********

    3.0

    ネタバレ面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ryt********

    5.0

    B級だと侮るな

    なんだこりゃ。すごいね! これは面白い。ロマン溢れる物語も昔のインドの世界観も、よく出来ている。またそのうち見ようっと。

  • アルペジオ関西

    5.0

    王道!

    王道なストーリー、アクション、ミュージカルに始まり壮大な戦争、そして怒りと情、誇りで結末へと突き進む映画。 突き抜けた作品。おそらくインド以外の国では作られないであろう、めちゃくちゃさが病みつきになる! ツッコミどころは多けど、頭を空っぽにして見るには最高の映画です!

  • tk8********

    2.0

    理詰めでは楽しめない

    両極端に評価が割れる作品です。 ノレれば面白いし、ノレなければつまらない。

  • ang********

    3.0

    ネタバレうはー、納得出来ないいいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/9 ページ中