2018年2月24日公開

かぞくへ

1172018年2月24日公開
かぞくへ
3.3

/ 81

36%
20%
10%
6%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

家族を知らずに育ち、今はボクシングのトレーナーとして生計を立てている旭(松浦慎一郎)。一緒に住む佳織との結婚を控え、夢見ていた家庭をようやく作ることができると喜ぶ中、親友の洋人に仕事を紹介する。しかし、それが原因で洋人は詐欺の被害に遭ってしまう。養護施設で出会って兄弟のように助け合ってきた大切な友人の洋人を助けようとする一方で、認知症が進む祖母のために結婚式を急ぐ佳織の願いをかなえたい旭は、次第に追い詰められていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(14件)

泣ける20.0%悲しい14.0%切ない14.0%楽しい10.0%かっこいい6.0%

  • mar********

    5.0

    ネタバレ若い頃を思い出した

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ks3********

    5.0

    俳優が

    とにかく2人の男優がいい、とくにヒロト役、引き込まれます。

  • コトリ

    5.0

    凄く良かった。それは主演の演技力と

    親友の洋人の良い人すぎるところ。 この映画は洋人がめっちゃイイ奴なところが凄いです。 彼は、旭が持ってきてくれた話を喜んで引き受けてくれて、そしてそれが詐欺だと分かっても一言も責めなかった。 そして、暗い顔も旭の前で出さず、すぐに長距離運転手の仕事を決めてきた。 旭は自分を責めて、彼女を疎かにしてしまった結果彼女から別れを告げられてしまう。 洋人は自分の力で立ち直れたのに、旭は洋人の成功を喜びもしない。 でも、洋人はそれを責めず受け入れる。 彼はとても素晴らしい人だった。 きっと奥さんもイイ人なんだろうなと想像がつく。 この映画の主人公は洋人のような気がしました。 彼が書いた結婚式のスピーチを読んで見たかったです。 旭が「独りになってしまった。スピーチはもういらん」 と言った時、洋人は「良かったわ。削るところ無くて困っとった」 スピーチの紙には旭との想い出がビッシリ書き込まれていた。 彼は素晴らしいね。 旭は洋人と親友でいて良かったじゃないかと思った。 旭には彼女とは別れても、家族と言ってくれる素晴らしい洋人がいるだけで幸せだと気づいて欲しい。 ただ1つ、喜多?がボクシングジムの会長と会う段取りをするという流れは、余りにもおかしい。 旭がジムにいるのに、旭が会長に詐欺の話をしないとでも思っているのだろうか? それは余りにも都合が良い展開だと思ったので少しひっかかりました。

  • mat********

    4.0

    ネタバレこのタイトルの意味が分かると…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aka********

    3.0

    地味すぎる

    こういう作品があってもいいとは思うけど、実体験を元にしたというくらいで、どこにでもありそうなお話。 応援したい気持ちはあるが、正直、特別優れた点も見当たらないので、並以上の点はつけられない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
かぞくへ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル