ここから本文です

ラーメンヘッズ (2017)

監督
重乃康紀
  • みたいムービー 11
  • みたログ 40

3.37 / 評価:27件

くぎづけになった

  • プルメリア さん
  • 2019年2月5日 13時54分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ラーメンほど作り手の情熱がもろに
にじみ出る食べ物ってないのかもしれない。

日本映画専門チャンネルでやってたのを
録画して視聴したのですが、一度観始めると
外出するのも忘れるほど引き込まれ、
一気見してしまいました。

美味しいラーメンって物凄く時間をかけ、手間ひまかけてるんですね…

他の方のレビューにもありますが、この作品は単なるラーメン映画ではなく、人間ドラマ。パワーをもらいました。

富田さんのラーメンにかける情熱は
ある意味どんな仕事にも通じる所があり、
繁盛店になるのもうなづけました。

特に関心したのはお弟子さんが言った
ささいな一言を訂正するところ。
お一人様だと…ではなく、お一人様ですと…と直されてました。
今の時代若い従業員の方の言葉使いに
ん?と思ってもこちらも聞き流すし、
誰も直してはくれないですが、このきめ細やかな心遣いが全てに出ているからトップに君臨されてるのでしょう。

他の有名店の店主の方と3人並ばれた時に、
やはり
皆さんツラ構えがピシッとしてカッコいい!!
毎日緊張感と情熱がないとこの顔つきには一朝一夕にはなれません。

逆を言えば、ラーメンって惰性で作ると直ぐに味に出て、
店主のツラ構えを見たら味がわかるかもしれませんね。

最後の方で、富田さんの独立したお弟子さんが行き詰まって悩みを相談しているシーンで
「毎日毎日同じことするのってすごく大変なんだよ」とサラッと言われてたのが印象に残りました。

淡々と語るナレーションが心地よくて、どなたかと思えば監督自らされてたんですね。


あと余談ですが、富田さんの息子さんがすごーく可愛かった(笑)
笑いながら「僕はバカ舌なんでぇ〜」と
言ってましたが大丈夫、子供はみんなそんなもんです(笑)

ラーメン好き以外の方にもオススメの作品です。
くぎづけになること間違いなし!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ