ここから本文です

エスケイプ・フロム・イラク (2016)

DAG II/THE MOUNTAIN II

監督
アルペール・チャーラル
  • みたいムービー 10
  • みたログ 72

3.50 / 評価:62件

戦闘場面は手に汗を握る激熱シーンが満載

  • fg9******** さん
  • 2018年6月18日 11時20分
  • 閲覧数 512
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …レビュー数は未だ7件のみだ。
 あんまり人目に付かない作品なんだな。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『ストーム・ブリンガーというコードネームで呼ばれるトルコ軍特殊部隊。
 彼らに、過激派組織ISの捕虜となった女性ジャーナリスト救出の指令が下る。
 7名の隊員たちは彼女を助け出すことに成功するが、すさまじい追撃を受けて窮地に立たされる。
 応戦を繰り返しながら何とか合流地点に指定された村に到着するが、ISの大部隊が近づいていた。
 このまま撤退すれば村人たちが犠牲になってしまうが……。』
 で、本部からも撤退しろとの指令が入るが、救出した女性ジャーナリストから40名の村人が虐殺されると分かっていながら見過ごしてイイの?と喰ってかかられ、隊長は自分自身だけの意思では決め兼ねて、隊員1人1人の意思を確認して、この村に踏みとどまりIS部隊を迎え撃つことにするのだった。
 で、救援に来たヘリコプターに村の子供たちだけを載せて先に避難させるのだった。
 これ以降は、思いっ切り『7人の侍』同様の流れだったが、本作の『7人の侍』の面々もなかなか個性が際立っていて惹きつけられるものがあった。
 でも、その個性を出すために、それぞれの人物の過去の回想シーンがいきなり挿入されたりするので、テンポの良さがちょっと削がれてしまった感は否めないかな~。
 でも、これ以降の戦闘場面は激烈だったな~。
 IS部隊は戦車も含めた200名の戦士が撃てども殺せども蛆虫のごとくワラワラと湧き出してくるのだった。
 村人の女性の1人が『7人の侍』のための弾送りの役を買って出て、銃弾を掻い潜って弾の補充をするシーンはハラハラドキドキしたな~。
 で、『7人の侍』はあの手この手の限りを尽くして、IS部隊を迎撃するのだったが、1人2人と凶弾に倒れてしまうのだった。
 隊長は、「これはアメリカ映画じゃない!土壇場の援軍は来ないぞ!」と隊員たちを鼓舞し続けたが、遂に自らも命尽きてしまうのだった。
 果たして、『7人の侍』はIS部隊の熾烈な猛攻から村人たちを救うことが出来たのか?…といったストーリーだ。
 先に回想シーンはテンポの良さが削がれると書いたが、終盤の戦闘場面はリアルで手に汗を握る激熱シーンが満載で、十分に見応えのありの3.6点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3004件、2018年度189作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ