ここから本文です

エスケイプ・フロム・イラク (2016)

DAG II/THE MOUNTAIN II

監督
アルペール・チャーラル
  • みたいムービー 10
  • みたログ 72

3.54 / 評価:61件

プロパガンダに匂いがあれば強烈に放ってる

☆946
原題< DAGII >
2016トルコ

原題は「山II」
気づき難いが続編で4年分の年齢を重ねてる顔になってる
(原題と内容/主演で分かる、邦題だけでは全く気付かない)
主役のオーズ中尉が女好き
べキール 特技兵

オーズとべキールの友情
隊員達戦友と隊長の絆
悪い物語ではないが
カンヌやベルリンで上映は無理

1人の死が1000人を救う。

スーパープロパガンダ愛国映画とは思う
C160とC400を途中ですり替えたり
変な編集シーンとかお世辞にも完成度が
高いといえない。
(トルコ軍が協力してるとは思う
準公式的なアカウントでこの映画を掲載してた)


二昔前のアメリカの戦争映画みたいな雰囲気で
実際とは掛け離れたシーンが多々あるが流れで
ISの武器は完全に破壊するか鹵獲して
再利用すべきだった事だけ突っ込んでおく
フィクションだからそれ以外突っ込まない。
(残念なのがこれをマトモに信じ込んで
実際の事のように勘違いしてる奴がいる
言論の自由を抑圧してるトルコがそれを
尊重してるとか、日本までISが来るとか・・・)

物語の流れとかは仕方ないが
台詞も二昔前みたいなベタベタ
ターキッシュの出演者だから
美男美女が多いのは否定できない。



特殊部隊となっており主役達の成長記でもある
僅かだが拷問される訓練もやってるし
(トルコ軍のアカウントで捕虜虐待を正々堂々と
UPしてたのは苦笑、一瞬遺体か手足が飛ばされた
大量出血の画像かと思った/注意があり制限してる)
手首を縛られて海中ジャンプとかもやらされてる
アメリカ軍でもやってるがアメリカ軍は安全措置を
徹底して水上や周辺から監視して溺死を防ぐようにしてる
(原因は別だがそれでも訓練中の事故死は毎年発生してる)
訓練施設も他国は合理的に設計配置してるのが分かる
自衛隊は1つの施設では一種類の訓練しか出来ないが
X国では複合訓練が出来たり既存の建物に後付で
設備を取り付けたり(費用が安く済む)してる。
ただしこの映画での訓練は実戦的というより
自衛隊に近く精神体力を重要視してるし
欧米はマニュアル式で機械的に合格不合格を
判定して離脱率(不合格)の割合が高い。

公開されてたので計算すると
空挺レンジャー
離脱率原隊復帰が最終的に16.7%(5/30人が脱落)

アメリカ海兵隊の通常部隊RECONコース
離脱率20%、(9/45人が脱落)しかも一部の過程で全過程ではなく
最終的にはもっと落ちる(コースの一部しか見せてないから全期間は不明)
レイダースみたいな特殊部隊だと更に離脱率は高いはず

X国Pathfinder
(USAFのタックピーの任務の一部Low air supportを担当)
養成コースはなんと75%が脱落(15/20人)

フィクションとはいえCT 対ISを描いている
欧州アメリカ作品でも殆どない、軍広報でも
空爆などは僅かに公表してるが地上軍のイラク周辺での
展開は殆ど見せない(直接支援が少ない+イスラム過激派
の”培養地”であるアフリカ中西部をメインに展開)
実際にイラク周辺でトルコ軍が戦闘を繰返してる
実戦経験においては自衛隊は足元にも及ばない訳だ
(そして現代戦は国家間での旧来の戦争より
このような非正規戦が主流だから現代戦の経験を重ねてる)
ISを描き批判的にしてる部分だけは良かった
実際はもっと酷い事もやってると思う。

女性ジャーナリストの救出作戦で派遣され
彼女を救出後に別の人質を救出し
さらにその人質が居住している
シーア派の村が襲われるので
帰還を無視して残って村を守る
実際にあの手の命令違反をしたら最低でも
査問委員会 悪ければ軍法会議が待ち構えてるだろうが
彼らの”自己責任”としてネット上では断罪されるのか?
軍隊は法的倫理的に正しい事をする組織ではない


前作と同じように時系列を複雑に入替えるのが余計に見難い
ただでさえ優れた映画とはいえないのに
物語の展開を複雑にしてるだけで
実際は大した事ない。



CG VEでの映像編集で爆発シーンを混ぜてるのが良いと思う
下手にガソリンで代用しても土か砂が主成分のはずなのに
ガソリンが爆発してる黄色の意味不明の炎上シーンよりマシ
サイレンサーの射撃音も紛い物であの<プス>という
映画特有の嘘もこの映画に限らず止めた方が良い
アメリカ映画だと5年以上前ので既に
実際の発射音に近い効果音にしていた
下手な演出より現実に近いのを最近の
客が好む(指摘する)傾向だと分かってない。

実際の交戦距離が特にAK47を愛用するゲリラやテロは
5.56mmの射程外からを好み600Mとか800m程度から
襲ってきたりする、電柱の間隔が15mだったか20mで
その30本分の距離の人間があの大きさで見えるか?
もちろん見えないしアメリカ軍が戦地での映像
(銃撃戦)を公開してるが蟻どころの大きさでもない
肉眼では何処にいるかも不明の相手に狙って撃ってる


この部分はどの戦争映画にも共通してる演出

実戦に即した映像の方がリアリティ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ