ここから本文です

SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班 (2017)

拆弾専家/SHOCK WAVE

監督
ハーマン・ヤウ
  • みたいムービー 25
  • みたログ 103

3.59 / 評価:79件

久々の香港映画で、たぎる。

  • TとM さん
  • 2020年10月12日 11時52分
  • 閲覧数 145
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近はまったりした作品を好むようになったので、香港映画を観るのは久しぶりだ。
観始めて割とすぐに、この感じ、香港映画だなぁと嬉しくなった。

主人公は爆弾処理警官ね、はい、なんかアイデア出して。と言われて、あれやこれやとアイデアを出し合い、あとは適当にそれっぽくみえるように繋げました。みたいなのが香港映画(いい加減な想像です)
つまり、ストーリーがグダグダとかオソマツとか、当たり前、というか、ストーリーがちゃんとしてたら香港映画じゃないんだよ。
なんとも微妙で、ツッコミまくれることに価値があるの。

それでもストーリーをちゃんとしたらいいじゃない?と思うかもしれない。確かに一理ある。ちゃんとしてる香港映画だってある。
しかし、ストーリーをちゃんとしてしまうと、劇的なシーンとか無意味に派手なシーンとか削らなきゃならないでしょ。作るほうはそれを撮りたいし、こっちはそれが観たいんだから、これでいいんだよ。

なんとなーく刺激的なシーンが連続してて、ちょっと哀愁漂わせ、最後にアンディ・ラウが歌う。これでいいんです。これが面白いんです。これが観たいんです。これが香港映画なんです。

なんかよくわからんけどカッコイイ。なんかよくわからんけどスゴい。なんかよくわからんけど刺激的。そしてツッコミまくる。そんな感じで観るの。
こうした方がいいんじゃね?とかストーリーの前後の脈絡とか考えちゃダメなの。

映画にストーリーを第一に求めるストーリー至上主義者には無理な作品かもしれない。自分も若いときはそうだったから理解できるけどね。
映画の中でストーリーはあまり重要ではないことに気づけば面白く観られると思うんだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ