ここから本文です

悪と仮面のルール (2017)

監督
中村哲平
  • みたいムービー 148
  • みたログ 481

2.65 / 評価:392件

映画にした意味がない

  • eigadays さん
  • 2018年1月19日 8時24分
  • 閲覧数 2564
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画というのは、「ああ、こういうシーンが描きたくて映画にしたんだなあ」という瞬間が必ずあるものです。

しかし本作にはそういうシーンが一向に訪れることはありませんでした。

なのに138分の上映時間。つまり非常に退屈な時間を過ごさねばなりませんでした。

中村文則の描く悪の凄まじさは、簡単に映像化できるものではないと思っていますが、本作ではその悪の描き方の掘り下げが全くできていませんでした。

「邪」という言葉を意味深に登場人物に語らせるだけでは映画として何にも喚起されないばかりか、観客にその定義を委ねることでイメージは分散するばかりで
「暖簾に腕押し」のような映画にしかなりません。

映画が製作されることの意味すら感じられないこんな映画を見せられる身に
もなって欲しいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ