ここから本文です

悪と仮面のルール (2017)

監督
中村哲平
  • みたいムービー 148
  • みたログ 480

2.65 / 評価:391件

すれ違いをそのままにして…

  • mai***** さん
  • 2018年1月23日 10時29分
  • 閲覧数 1732
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

障害が取り払われたのなら、思いをつなぎ合って
2人が一緒にいられる道を2人で考えて作ることもできたのかもしれない。
でも違う道を選ぶ…

自分がいることで過去の嫌な記憶を呼び覚まさせてしまうのではないか?
その事だけを危惧してしまい
また、自分の中にある悪が彼女を害する事を危ぶんでしまったのだろうか?

あのラストの別離。

きっと2人なら違う道を選ぶことが出来たと思う。
2人一緒にいた時間は、恐怖の時間であったかもしれないけれど
2人だけの時間は幸せな時でもあったはず。
もし、2人の間には白か黒しかないのなら
時を経てお互い大人になった2人なら、上手に白だけを選んでいけたんじゃないだろうか?

溢れる思いがあるのなら
飛び込んでみても良かったのではないだろうか?

それでも顔を変え、名前も変えてという人生に、どこかで訪れる破綻が
彼女を傷つけてしまう時がやってくるかもしれない。
でも、それでも2人ならきっと乗り越えられるんじゃないかな。
ラストシーンの彼女の表情は
未来の不安も全て乗り越えられるチカラを持っていたんじゃないだろうか?

踏み出す勇気が彼にあったのなら…
大人になった彼女はきっと傍にいてチカラをくれたと思うんだけどな…

不気味な空気感の中で
自分の純粋さを守ろうと、純粋さの象徴を守ろうとして
心で泣いてる主人公の姿を玉木宏さんが静かに穏やかに見せていたんじゃないかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ