ここから本文です

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~ (2018)

監督
高橋渉
  • みたいムービー 666
  • みたログ 1,883

4.16 / 評価:1508件

暗喩されたオーバーサンクション

  • nar***** さん
  • 2021年2月20日 1時02分
  • 閲覧数 163
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ランが暴走しているところはまさにSNSの時代における過剰な正義感を暗喩しているかのようです。過剰な制裁は正義ではないと。また、その後の踊りで平和を目指すというのは、制作陣の平和に対するメッセージが隠れているような気がします。この源泉には非武装中立論があって流石は朝日新聞社のテレビ局だなとは思いました。子供に見せる「理想の社会像」としてはとても素晴らしいものがあります。現実は別として。
ただし、「正邪善悪で人間の関係や共同体は割り切れない」ことや、「剣に剣で対抗するのでは無く、踊って平和を実現しよう」という意図をもし込めるのであれば、「オトナ帝国」のようにもう少しシリアスめのテイストの物語でも良かったのではないかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ