ここから本文です

レッド・スパロー (2018)

RED SPARROW

監督
フランシス・ローレンス
  • みたいムービー 633
  • みたログ 2,299

3.80 / 評価:1,853件

解説

元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。監督は『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのフランシス・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』などのジェニファー・ローレンス、『ラビング 愛という名前のふたり』などのジョエル・エドガートン、『君と歩く世界』などのマティアス・スーナールツらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

事故によってバレリーナの道を諦めたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。母親をめぐるやむを得ない事情から、彼女はロシア政府直属の諜報(ちょうほう)機関の一員になる。美貌を生かした誘惑や心理操作で情報を入手する「スパロー」と呼ばれるスパイとして育成された彼女は、瞬く間に才能を発揮する。そして新たなミッションとして、ロシアの機密事項を探るCIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)への接近を命じられるが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

「レッド・スパロー」ローレンスが女スパイ役を名演!“おそロシア”なエクストリーム・スパイムービー

 33年間CIAの捜査官だったジェイソン・マシューズによる原作「レッド・スパロー」が実写化された。主人公はアメリカ人ではなく、ボリショイ・バレエ団でプリンシパルを務めるロシア人女性のドミニカ。本番中に負った大怪我でバレリーナ生命を絶たれた彼女は、国からの援助を打ち切られ、母親の治療費を捻出できなくなってしまう。ロシア情報庁の幹部である叔父・ワーニャの指示で、スパイ養成学校へ送られた彼女は、女スパイ(スパロー)としての才能を開花させていく。

 ソ連やロシアのスパイが登場する映画は珍しくないが、彼らがどうやってスパイになったのかはなかなか描かれない。それだけに、シャーロット・ランプリングが扮する冷徹な教官のもと、若い男女が訓練を重ねて洗脳され、お国のために身も心も差し出すようになるスパイ養成学校のパートはとても新鮮で見応えあり。スポットライトを浴びていたモスクワ、スパイ養成学校のある雪に閉ざされた僻地、任務のために訪れてターゲットと禁断の恋に落ちるブダペストという、ドミニカの状況に応じて変わるロケーションも効果的だ。

 ドミニカを繊細かつ大胆に演じるのは、タフで美しい若き名女優・ジェニファー・ローレンス。彼女の太すぎず細すぎない175センチのメリハリボディは、ハニートラップを必殺技としつつ、腕っぷしも強い女スパイ役として説得力十分。その武器が最大限に生かされているのは養成学校で、自分をレイプしようとした男性優位主義の愚かな訓練生を返り討ちにするシーンだ。教官や生徒の前で全裸になって脚を広げ、「とっととやんなさいよ(意訳)」と挑発すると、情けなくもその男は萎えてしまうのだ。ローレンスのキャリアにおける最初のフルヌードが、男に抱かれるためではなく、その迫力で男をひれ伏させる肉体として描かれた意義は大きい。

 ドミニカがターゲットのCIA捜査官ネイト・ナッシュ(ジョエル・エドガートン)と駆け引きをしながら次第に惹かれ合う恋愛模様や、ナッシュとともにロシアから狙われる立場となってからのスリリングな展開は王道のエンターテインメント。一方で、ドミニカが受ける拷問シーンや、体に良くないものを確実に注入していそうな殺人マシーンの異様な強さなど、 “おそロシア”という形容がしっくりくるエクストリームさも本作の魅力である。真実はさておき、「分厚く赤いカーテンの向こうで何が起きているのだろうか?」という我々の好奇心を大いに満足させてくれる作品だ。(須永貴子)

映画.com(外部リンク)

2018年3月29日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ