レビュー一覧に戻る
ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
2018年1月13日公開

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男

DRIES

932018年1月13日公開

sos********

4.0

独立系デザイナーの苦悩と追求

ドリスヴァンノッテンの過去コレクションへの取り組みから、独立系デザイナーゆえの妥協せず理想を追い求める姿や苦悩する姿から、数十年もの間トップメゾンとして君臨する秘密を紐解く一作。 ・ファッションという刹那的に消費されるものを好まず、表現したい思想や世界をファッションで表現しているに過ぎない。だからこそトレンドを追わず、時に逆光も厭わない。 ・自然や花に囲まれた生活を好み、オフでも全力投球で庭、自宅、生活空間、食などにも細かい部分までこだわり抜く ・刺繍にこだわり、手作業の温もりや作り手の思い、ビッグメゾンではできない唯一無二の素材を一から作り、インドに工場までつくり雇用を支え、サステナブルな服作りの背景を持つ 上記が印象に残った点である。 パリやミラノの最先端のモードブランドとは一線を画す、あくまで自然な合わせ、日常着を作り続けるドリスの作品はまさに彼自身の生き方や生活を体現するものである。 この作品を見れば、これまでドリスの洋服を知らなかった人でも、彼のコレクションを手に取ってじっと見つめたくなることだろう。 洋服の向こうにいる、ドリス・インドの刺繍職人の顔が目に浮かび、ファッションがいかに奥深いものかを実感する。 ドリス邸宅のまさにナチュラル×クラシックな理想の生活は一見の価値あり。

閲覧数188