ここから本文です

素敵なダイナマイトスキャンダル (2018)

監督
冨永昌敬
  • みたいムービー 80
  • みたログ 331

3.10 / 評価:262件

編集長の半生

  • bwa***** さん
  • 2021年3月25日 23時52分
  • 閲覧数 117
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実話が原作なので仕方ないのでしょうが、ストーリー自体が何が言いたいのかがわかりませんでした。

エロ雑誌の編集をしている昭(柄本佑)の半生を描いているのですが、幼い頃に母親(尾野真千子)が浮気相手とダイナマイト自殺をしたという過去があり、その事件がところどころにカットバックとして挿入されます。
昭は工場勤めをしたあとグラフィクデザインの専門学校に行ったあと、ポスターや看板を描く会社に勤務後、キャバレーの看板を描いて好評を得たのち、雑誌の編集の世界に入っていきます。
そのどこにもエロの表現があって、昭の生き方は面白くはありますが、ストーリー性は感じられません。実話なので仕方ないです。
荒木経惟、田中小実昌、南伸坊等実際の人物とオーバーラップする人物がいたり、懐かしいTBSラジオの音声が流れていたり、衣装や街の風景がリアルに再現されていて、見どころはとてもありました。

ただこれで何を言いたかったんでしょう。
テーマが良くわかりませんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ