ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ワンダーストラック (2017)

WONDERSTRUCK

監督
トッド・ヘインズ
  • みたいムービー 117
  • みたログ 324

3.37 / 評価:231件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2018年10月16日 13時08分
  • 閲覧数 724
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

『キャロル』(15)でこの監督を信頼、原作脚本も稀代のストーリーテラー、ブライアン・セルズニックとあって期待した。
1977年、ミネソタ州に住む12歳のベンは、母を亡くした直後に事故で聾者になるも、不明の父を探しに一人NYへ。
一方1927年、生まれつき聾者の少女ローズも憧れの女優(ジュリアン・ムーア)に会うため単身NYへ旅だつ。
二人の運命はいつ交わるのか?
27年パートはモノクロ・サイレント、77年パートはカラーで交互に描かれ、NYの街の情景や博物館の展示物など、時代別に綿密な考証を経た背景がけだし見物である。
主役の少年少女も好演、このウェルメイドなファンタジーを大いに盛り上げている。
最後まで観客を引っ張る物語の力は認めるものの、ラストシーンにもう一工夫欲しかったところだ。
「ワンダーストラック」とは、驚きと幸せの一撃、という意味らしい。
本作のオチはまさにそれ。事前情報を一切入れずに見た者が勝つ映画(笑)。
評価は4.5★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ