ここから本文です

羊と鋼の森 (2017)

監督
橋本光二郎
  • みたいムービー 805
  • みたログ 2,428

3.85 / 評価:2,045件

目に見えないものを表現する

主人公の仕事は調律師、扱うのはピアノの音。
目に見えない「音」というものを表現しなくてはいけなくて、俳優さん達の表情仕草はもちろん、森や水辺の映像を使って音の変化を上手く表現していた。
まさに映画ならではって感じ。

音楽は演奏者がどんなに心を込めて音を出しても、聞く側が自ら感じ取ろうとしないとそれを受け取ることか出来ないんだなぁって思った。

これは原作者さんなんだけど、ピアノの音を「羊と鋼の森」って言うのはなんて上手いんだろうって思った。オープニングで板鳥さんのセリフからなるほど〜と。

途中中弛みしたけど、後半、ウエディングの調律から終盤、演奏も素晴らしく感動した。なかなか面白かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ