ここから本文です

ラプラスの魔女 (2018)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 677
  • みたログ 5,352

2.20 / 評価:4784件

全ては監督のせい。見ないでほしい

  • con***** さん
  • 2018年5月13日 20時06分
  • 閲覧数 3526
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、東野圭吾という有名人気小説家の作品ということで見に行った私が悪かった。

三池崇史はもう引退した方がいい。
さすがに役者と原作者が可哀想だ。

ド派手な演出にされた後半から眠気が襲って仕方なかった。

私はサスペンス映画を見に来たんだよな、なぜ私はファンタジーSFを見させられているんだ、と。

これだけ見ると私が三池監督のアンチに見えるかもしれないが、レビューの内50%以上が☆5をつけているのが駄作だといわんばかりの理由である。

これ以上被害者を増やしたくない、興収も増やしたくない。

本当に引退してくれ。

これ以上この人の手によって駄作を生み出さないでくれ。

これ以上邦画のレベルを下げないでくれ。

でも一つだけ、広瀬すずとエンディングは最高だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ