ここから本文です

ナチュラルウーマン (2017)

UNA MUJER FANTASTICA/A FANTASTIC WOMAN

監督
セバスティアン・レリオ
  • みたいムービー 920
  • みたログ 604

3.49 / 評価:281件

屈辱に柔軟に耐える高貴な魂

  • yab***** さん
  • 2018年8月17日 22時21分
  • 閲覧数 839
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダニエラ・ベガは素晴らしい女優、そして歌手である。トランスジェンダーの域をとっくのとうに超えた普通の人である。
 彼女演じるマリーナ は、屈辱に柔軟に耐える精神の持ち主である。デモクリトスは、その精神を高貴な魂と呼んだ。
 彼女は数々の仕打ちに対して、けっして涙を見せない。ずっと年上の愛人オルランドが死んで、その妻から、「神話の怪物(キマイラ)と罵られても。オルランドの葬式に出ようとして追い返されても。オルランドの親族に車で拉致されて、顔中にテープを貼られても。
 トランスジェンダーは変態で、愛人の死は事件と疑われる。この単純で陳腐な発想に毅然と立ち向かうマリーナ。

 彼女の信条。それは、「希望であんたを殺す」。希望を持つことによって、差別する人間たちを自分の体内から抹殺するのである。
 彼女は常に姿勢がいい。常にはるか向こうを見ながら歩いている。あのフランスの名優イザベル・ユペールの立ち振る舞いに似ている。
 どんなに屈辱を受けようとも、高貴な魂で希望に向かって行く彼女がとても美しい。

 その到達点が、カストラートのように彼女が歌うヘンデルの『オンブラ・マイ・フ』。誰も何も言うことができないほどの美声。
 ♪こんな木陰は今までなかった とても優しくて愛おしい心地よく甘美な木陰♪
 オルランドとイグアスの滝に行くことはかなわなかった。だが、その涼しさとは比べものにならないほどの甘美な木陰で佇んでいる彼女を発見できて、肩の荷が一気に下りた。そして、彼女に心から賞讃の拍手を送りたくなった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ