ここから本文です

ナチュラルウーマン (2017)

UNA MUJER FANTASTICA/A FANTASTIC WOMAN

監督
セバスティアン・レリオ
  • みたいムービー 921
  • みたログ 611

3.49 / 評価:284件

ダニエラ・ヴェガだからこそ!

  • mnk******** さん
  • 2018年4月3日 22時01分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

LGBT。
一体いつからこういうカテゴリーはつくられ
人権が叫ばれるようになったのか。
時代は変わったのか。
いえ、たとえ時代は変わっても人の思想は変わら
ない。
この映画のスクリプト自体はよくある不倫モノで
ある。若い女と父親ほどの男の不倫。
妻と子供もいるのに不倫に酔いしれる。
ところが男はマリファナと酒とセックスを謳歌
した夜中に亡くなってしまう。
遺される若い女。
昔からよくある使い古された話。
ただ若い女はトランスジェンダーの、心は女性
でも体がまだ男性のビミョ~な状態。
死亡した男性の奥さんは、自分の亭主がノーマル
だと思っていたら変態な不倫をした事を受け入れ
たくない。子供達も信じたくない。
そう、トランスジェンダーにも思いが。
ノーマルというカテゴリーの人達にも揺るぎない
思いが。
この映画にある差別描写は『オカマ~』だの
『手術は済んだか』など昔ながらの平凡なもの
だった。
結局、時代が変り新しい人権が認められたかに
見えてもそれは錯覚であり、いつまでも人々の
差別区別は偏見ではなく変わらずにあるのは
仕方のないことなのか。
それが明らかなことなのか。
そんなありふれた話、ありふれた不幸を
まさに生きていくヒロイン、ダニエラ・ヴェガの
圧倒的な存在感と名演に目が離せなくなる。
彼女だったからこそ名作になった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ