ここから本文です

ナチュラルウーマン (2017)

UNA MUJER FANTASTICA/A FANTASTIC WOMAN

監督
セバスティアン・レリオ
  • みたいムービー 914
  • みたログ 587

3.49 / 評価:277件

解説

『グロリアの青春』などのセバスティアン・レリオが監督と脚本を担当した人間ドラマ。最愛の恋人をなくし、いわれのない偏見や差別にさらされながらも誇り高く生きるトランスジェンダーの主人公を映す。主演を務めるのは、自身もトランスジェンダーのシンガーであるダニエラ・ベガ。フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコらが共演している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのシンガー、マリーナ(ダニエラ・ベガ)は、チリの首都サンティアゴで年齢差のある恋人オルランドと同居していた。マリーナの誕生日を祝った晩、家に戻ると急にオルランドの意識が遠のき、そのまま他界する。彼が亡くなったことでマリーナは予想外のトラブルに見舞われ……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA
(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

「ナチュラルウーマン」心情を映し出す「鏡」と「音楽」。亡き恋人を想い歌う姿が神々しいまでに美しい

 ドラマの始まりは誕生日。恋人のオルランドに食事とダンスで祝ってもらい、マリーナ(ダニエラ・ベガ)は幸せの絶頂にいる。しかし、その夜、オルランドの急死によって彼女は不幸のどん底に突き落とされる。マリーナに愛する人の死を悲しむ贅沢は許されない。オルランドを運び込んだ病院の医師から挙動を怪しまれ、刑事に性犯罪を疑われ、オルランドの前妻から怪物と呼ばれ、オルランドの息子に暴力をふるわれる。それは、マリーナがオルランドの離婚の原因になった愛人だったことに加え、トランスジェンダーであることが影響している。その誕生日は、ひとりで生きる人生の始まりの日になる。

 マリーナがオルランドと暮らしていた部屋に押し入って来たオルランドの息子が、マリーナに向かって「お前は何だ?」と詰問する場面が印象的だ。「人間よ」と即答した後で「私はマリーナ」と念押しするマリーナは、疑いや憎しみ、蔑みや嫌悪をぶつけてくる人々に、自分が何者であるかを知らしめるという困難な挑戦に立ち向かわなくてはならない。

 その試練に毅然として挑むマリーナの心中を、セバスティアン・レリオ監督は「鏡」と「音楽」の二刀流で表現した。劇中、喪の仕事の様々な段階にあるマリーナがみつめる鏡は、その時々の彼女の心情をダイレクトに映し出す。一方、アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」やクラブで演じられる幻想的なミュージカル・シーンは、マリーナがそうありたいと願う自分を物語っている。そして、終盤にはこの2つが一体になる。守護天使として死後もマリーナを導いてきたオルランドへの感謝を込め、カストラートのために作られたヘンデルの歌曲を歌うマリーナは、神々しいまでに美しい。この映画を見ずにアカデミー賞ノミネートの投票をしたアカデミー会員たちは、ダニエラ・ベガを主演女優賞候補にしなかったことを悔やむだろう。(矢崎由紀子)

映画.com(外部リンク)

2018年2月15日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ