2018年1月27日公開

ダークタワー

THE DARK TOWER

952018年1月27日公開
ダークタワー
3.1

/ 996

10%
22%
41%
20%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

巨大なタワー、拳銃使いの戦士、魔術を操る黒衣の男が現れる悪夢を見続けていた少年ジェイク(トム・テイラー)は、ある日夢で見た中間世界と呼ばれる異界が現実世界とつながっている場所を発見する。中間世界に導かれたジェイクは、世界のバランスを維持するタワーの守護者であるガンスリンガーのローランド(イドリス・エルバ)と、タワーを破壊しようとする黒衣の男ウォルター(マシュー・マコノヒー)の戦いに巻き込まれてしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(192件)

かっこいい16.0%ファンタジー16.0%勇敢11.2%不気味9.8%スペクタクル9.5%

  • bej********

    2.0

    既視感ありあり

    SFだし、マコノヒーが出てるしとネトフリで鑑賞、最初はそれなりに惹きつけられたけど、途中からもしかしてB級映画?!と思い始める。ターミネーターっぽかったり、マトリックスぽかったりのシーンがあり、これはダメだわ、、。そのタワーの存在の意味がわからないし、ストーリー全体、何をやりたいのかわからなくて、最後は飽きてしまった。 原作はともかく、映画としては料金払って見なくてよかった!!という感じ。 マコノヒーがやった悪役の力があれば、もっとなんでもできそう。なのに、最後は呆気なくて それこそあっけにとられた。

  • miy********

    3.0

    弾入れ

    弾入れはギネス級。 銃の腕前は天才。 ぜひオリンピックに出場してほしいな。 ストーリー? う〜ん、可もなく不可もなく観れます。

  • npg********

    3.0

    確かに少年の演技はいいけど

    なんかストーリーが・・・なんで子供のパワーで?みたいなw まあまあな SFだけどマトリックスまではいかないかなー

  • dh5********

    5.0

    原作者の世界観がリンク

    ポータルの番号が1408になっていて同じ原作者の1408号室に世界観がリンクしていたり、これまた同じ世界観のペニーワイズの遊園地が出てきたりして、原作、原作者の意向に忠実なのはよいことだと思った。ガンスリンガーの「我は掱で狙い定めず、掱で狙い定めるもの、父の顔を忘れり」の台詞もかっこよかった。それはそうと、完結までに30年を要した長編小説が95分の映画で堪能できるなんて、なんていい時代になったなとしみじみ。面白い映画でした。

  • mr_********

    4.0

    キングのライフワークがこれ?

    原作は「ホラーの帝王」と呼ばれるスティーヴン・キング。 キングは多数の小説が映画化されてますね・・・。 最近も「IT/イット」が公開されました。 「ダークタワー」はキングがライフワークと位置付けた長編大作らしい。 キングが若い頃から構想を練り、ほぼ30年間!かけて全7作を刊行したそうです。 私はキングの小説では短編集はよく読みましたが、長編は圧倒的なボリューム感に圧倒されて、完読したものは少ないです。 「ダークタワー」は一作も読んでないです(汗) そんなことはどーでもいいですが、キング・ファン待望の「ダークタワー」の映画化の今作。 中間世界に存在するダークタワーと現実世界が時空を超えて繋がっていて、タワーが破壊されると、現実世界も破滅する、とか過去に闘いがあって、今や伝説のガンスリンガーに現実世界の存続が託されているとか、にわかファンにはわかりにくいですが、映画では善悪がはっきりしているし、テンポよく進むので結構楽しめました。 ローランド(イドリス・エルバ)と黒衣の男(マシュー・マコノヒー)との戦いも見応えあり。 しかし、ランニングタイムがB級あつかいみたいな95分というのは物足りない。 そんなこともあってか、アメリカでもあまり評価は高くなかった。 せめて2時間ぐらいかけて、エピソードも増やして大作にふさわしい映画にするべきだった。 キングが30年間もかけた全7作の原作に対して失礼、というものだろう!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ダークタワー

原題
THE DARK TOWER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日