ここから本文です

野球部員、演劇の舞台に立つ! (2017)

監督
中山節夫
  • みたいムービー 47
  • みたログ 94

4.18 / 評価:85件

解説

福岡県八女市の教師の実体験をつづった原作を映画化した青春ストーリー。演劇コンクールに出演することになった野球部のエースとチームメイトの物語がつづられる。監督は『ヘレンケラーを知っていますか』などの中山節夫。『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』などの渡辺佑太朗、『青空エール』などの舟津大地、『瀬戸内海賊物語』などの柴田杏花に加え、林遣都、宇梶剛士、宮崎美子らが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

八女北高校野球部は、エースの望月潤(渡辺佑太朗)を中心とするチームで、甲子園出場を期待されていた。県大会の予選1回戦で望月が好投を見せるが逆転を許し、敗北を喫する。ある日、演劇部の顧問の三上先生(宮崎美子)から、野球部員に応援要請が来る。野球だけの人間になってはいけないと考える八幡監督(宇梶剛士)は、望月ら3人の野球部員を送り出す。当初望月たちは反発していたが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ