ここから本文です

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! (2017)

RENEGADES

監督
スティーヴン・クエイル
  • みたいムービー 133
  • みたログ 712

3.17 / 評価:583件

フロッグマン 蛙だけにケロッとしてる。

  • 実名希望 さん
  • 2019年1月17日 21時44分
  • 閲覧数 291
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

☆974
原題< RENEGADES    >
2016 EUROPE CORP


クロアチア
マルタ ロケ
+
ベルギー
フランス
ドイツ
アメリカ 資本

原題は<裏切り者>
(邦題は私を含め落胆者続出のはず)

1.1944年
2.脱出
3.ララ
4.湖底の村
5.引き揚げ作戦
6.名案
7.帰国命令
8.決行
9.謎の壁
10.妨害
11.返還
12.EC


未だにナチスが快くない事が明白
特殊部隊員の割に貧弱な体

JKシモンズが出演してる作品に駄作なし
彼が怒るだけで笑える

”スパッド”が出演してるのでコメディー
彼は意外と映画には出演してない

1944年ナチ兵士のやってるその非人道的行為も描いてるが
間接蔑視的に表現してる。

(容疑者の拘束はオマケで側近に恨みを買う流れだけ重要)
1944年にナチスがフランスから奪った現在の日本円で350億円相当の
金塊が湖底に沈んでるのでボスニアヘルツエゴビナに派遣されてる
NATO軍のSEALSのチームの6名が軍の任務ではなく
個人として<徳川埋蔵金>みたいにそれを回収する
(NATOの資材や機材を使い)
困難と妨害を乗り越え湖底から浮上させCH53で回収するが
少将の知るところとなり没収され、隊員には形だけ30万円程度
ララにだけその残り全額175億円くらい・・・実は回収して
フランスへ返還したのも半額だったというオチ。


フランス系作品はEC文字フォントが読み難い(小さい上に独特)
最後が読めず軍用機などを何処から借りたか不明


MikoyanーGurevich 21(MIGー21)

(T-72 or T-80)
ロシア軍も積極公開する部分がありTV取材させネットで
流ており内部も見せてるが広くはないし恐ろしいほど粗い
(因みに民間人レポーターに操縦させ多分戦車砲を”何発も”撃たせて
その番組で”駐車違反をするとこうなります”的に乗用車を潰してる、
空母戦略原潜重巡も公開し原潜の深度計も正々堂々と隠さずに
映してる/なおウィキの最大深度は誤り、Su34やベア爆撃機にも
搭乗させてる陸軍は移動式ICBM/核ミサイルの一部は操作させてる
日本と違い食事は一瞬のみ、様々な銃砲を水鉄砲と同じように
番組の為にレポーターにガンガン撃たせる/GUNとガンガンに掛けた、
欧米の広報でも実弾射撃訓練のを流す程度なのに・・・)

AH6-KILLER EGG

CH53

The 160th Special Operations Aviation Regiment (SOAR)
通称"Night Stalkers"エリート航空部隊
(Op Neptune speaにも参加しZERO DARK  THIRTYでも出た)

アメリカ海軍特殊部隊SEALSを描いた映画は幾つかあるが
(メインとサブ)アクションコメディーで実在のチームとは
ほぼ関係なく原題には含まれてない。
(軍事用語もテクニックも実際と異なりアクション映画のフィクション
Low Velocity Airdrop Delivery System の方法もフィクション)

<ZERO DARK  THIRTY >へのオマージュがある

ZERO DARK  THIRTY(Op Neptune spea) 2011/05/02に
行われた事も映画と実際とは結構相違点があった、時間上で省略は
仕方ない本も機密上で全てではない。

かなり細かいが相違点(あっちのレビューでは字数不足)
1/DEVGRUは事前訓練をノースカロライナ州SCIF
で忠実に再現したモックアップで3週間訓練してる。
2/UBLとは呼ばずに”ペーサー”とニックネームみたいな
 感じで呼んでた
3/アメリカ・C17→ドイツ→バグラム・C130→ジャララバート
(乗換は滑走路の離着陸距離上) 帰国はバグラハムから直接本国
そして貸切はマヤではなくDEVGRU’s Red Squadronの隊員達
4/マヤとホワイトハウスが爆撃を希望したが空軍が却下
B2+JDAM+バンカーバスター×合計30発ほど
PIDとCDが大問題で本人照合不可能
5/パキスタン軍からの拘束考慮は事実
(映画での演出はかなり変更されてる)
6/ほぼ全員が墜落を経験したわけではなく 7/12人58.3%
死者は手を上げられないのでもう少し多い
7/撮影はオリンパスコンデジを2台(帰還時に片方機の墜落まで考慮)
8/ 全行程38分で終了(計画は30分)銃撃戦は15分 
NOE flyingタイムフライト90分(低空飛行ならもっと早い)
9/ 遺体確認はマクレイブン海軍大将自ら
 銃撃で飛んでいって右頭部の一部が欠けていた
最低3発~7発は喰らった
 マヤは遺体を見たくなかったが促されて見た後に号泣したらしい
10/ ホワイトハウスと中継は音声+ドローンRQ170の上空からの映像か
  ヘルメットカメラのライブの可能性があるがこれは機密
 (何れもアメリカ軍は可能でWH以外でやってる)

QUAD EYE越しの映像は映画と異なり視界は横120度で画質が落ちる

For God and country—Geronimo, Geronimo, Geronimo

Geronimo EKIA

We got him.(オバマ大統領)

降着せずファストロープで展開(俳優が出来ないからあの流れ)

地上員総数79 MWDの実名はCairo

AWACSが間接支援

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ