ここから本文です

ピンカートンに会いにいく (2017)

監督
坂下雄一郎
  • みたいムービー 12
  • みたログ 111

3.02 / 評価:98件

いっぱい笑って泣いて少し元気を貰える映画

  • bat***** さん
  • 2019年7月3日 23時00分
  • 閲覧数 249
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

これから売り出すぞのコンサート直前に解散してしまった「ピンカンートン」。

それから20年後、そのときコンサートを観ることができなかった少年が、大人になり再結成を望む。

嫌だな〜とか言っていた5人(そのうち2人は細々と芸能界に)が、再結成でコンサート。
5人の夢も叶ったと思うけれど、少年の夢も叶った。

40歳手前の女たちが色んな事情や感情のしがらみを抱えながら、過去をやり直そうとする姿がかっこ悪いけど憎めなかった。
もう絶対、ムリって思ってることもやってみたら意外といけるもんなのかもしれないな、って思った。
成功するかは別だけど。

ラストの居酒屋のシーンが、あの頃となにも変わってない5人の姿を写し出していて良かったです。

主人公を演じた内田慈さんが圧巻でした。
元アイドルだけにプライドが高く、自己中心的で嫉妬深い三十路。あまりにも痛々しく目を逸らしたくなります・・・とてもイヤな奴を熱演されていました。

いっぱい笑って少し泣いて、ちょっと元気をもらえる映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ