ここから本文です

世界でいちばん長い写真 (2018)

監督
草野翔吾
  • みたいムービー 158
  • みたログ 368

4.14 / 評価:302件

若いって素晴らしい。

  • はぬろ~ さん
  • 2020年2月18日 21時47分
  • 閲覧数 249
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリー
起 開始早々物語に引き込んでくれるか?
陰キャのノロブは、祖父のリサイクルショップを手伝って従妹にビンテージカメラをもらう。
この一行で済む話が15分。
残念ながらまったく引き込まれない。

承 あるある、共感、謎とき、ミスリードで退屈させないか?
ノロブが手に入れたビンテージカメラは、360度撮れるというすごい改造カメラだった。
従妹、友人の助けを借りながら、夕焼けの夏のひまわり畑の撮影をするノロブ。
品評会に間に合わず、居残りで経理をするが、あこがれの彼女とお話し中、外で待っていたミヨシさんが乱入。
文化祭の出し物として、世界一のカメラで部活のみんなを撮ることに。
出だしが残念だったが、じわじわと引き込まれていく。

転 意外な展開で驚かせてくれるか?
部活の連中は撮影のアイデアに非協力的。
そこで、今まで他に遠慮して手を挙げることができなかったノロブが手を挙げる。
世界一長い写真実行委員長になったノロブ。
あこがれの彼女とも、ミヨシさんともいい雰囲気。
いよいよ世界一長い写真の撮影開始。
二周目になり、突然列を抜けるミヨシさん!
「わかった。ホントはみんな、何でもできるんだ……」
このアツコさんの言葉に心を打たれて涙があふれる。
ミヨシさんは部室から鏡を持ち出し撮影に戻るため全力で駆け抜ける。
これも感動。
アツコさんは宮本さんにプロポーズ。
これは予測可能な範囲。
この様子だと結婚式のカメラマンはミヨシさんだな。

結 伝えたいことは伝わったか? オチはあるか?
アツコさんの結婚式。
やっぱりカメラマンはミヨシさんだった。
360度カメラで記念写真。
結婚式後に学校でミヨシと再会するノロブ。
あこがれの安藤さんは小林君とできちゃう!これが一番びっくり。
ラストは長ーい写真をバックにエンドロール。
これはいいアイデア。
ミヨシさんとのハッピーエンドを期待してしまったので、最後まで描かれてなくて残念。

配役
松本穂香さんがauのCMのまんま。
出演者全員が美男美女で好感持てる配役。

演出
世界一長い写真にもとづいての、360度カメラを回す演出など、演出はさわやかで作品に合っている。
エンドロールいいアイデア。

映像
夕日が非常に印象的に撮られていて、これも学園ものには欠かせない映像だと思う。

音楽
エンディングテーマ曲は非常に作品に合っていてよかった。
ほかはまったく印象に残っていない。

出だしは「退屈そうな映画だなぁ」という感じだったが、だんだんに引き込まれていき、最後は感動。
やっぱり、「わかった。ホントはみんな、何でもできるんだ……」という言葉にやられました。
ミヨシさんは、ずっとずっとノロブくんのことが好きだったんだろうね。
うまくその気持ちが届くといいなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ