ここから本文です

世界でいちばん長い写真 (2018)

監督
草野翔吾
  • みたいムービー 168
  • みたログ 465

4.10 / 評価:374件

がむしゃらに出来る時期は短い

  • たーちゃん さん
  • 2020年10月1日 11時13分
  • 閲覧数 377
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

写真部に所属している内藤宏伸(高杉真宙)はなにをしたくて所属しているのか分からない位だらしなく、仲間からは「ノロブ」とあだ名をつけられている。部長の三好奈々恵(松本穂香)はそんな宏伸のことをイライラして見ていた。
ある日従姉の竹中温子(武田梨奈)からリサイクルショップにあるパノラマ写真の撮影出来るカメラを借りる事が出来、撮影してみる。
パノラマ写真に感動した宏伸はパノラマ写真の魅力を生徒に伝えることで、世界一長い写真に全校生徒を撮影する事で、一躍注目を浴びる存在になる。

途中からストーリーはわかってしまいますが、高校生らしいリアルな演技に引き込まれます。
ただこのパノラマ写真という題材でここまで本当に盛り上がっていくのだろうかという疑問は残ります。
従姉の温子もかなり一緒になって進行に関わってきますが、もうひとつの何かがあって、協力しているといった構成が欲しいと思いました。
部室で安藤エリカ(黒崎レイナ)と伸宏が仲良く話しているところに現れた奈々恵は部室に入るのをためらい、おそらく宏伸に買ってきたジュースを自分の分を含めて2本とも一気飲みをするシーンがありましたが、宏伸への嫉妬なのか。でもその後、奈々恵が宏伸を好きになるようなシーンもないので、余計だったかなとも思いました。

きっとパノラマ撮影がクライマックスで他のシーンは添え物的な感じと思えばいいのですが、もったいないなぁと思いました。

写真に対して真剣に向き合ってこなかった宏伸が急に写真について語りだしてしまうのも、不自然です。

クライマックスはわかっているラストですが、良いラストでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ