2018年5月19日公開

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

1152018年5月19日公開
SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
3.4

/ 64

13%
39%
30%
9%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

写真家の鋤田正義は1960年代から頭角を現し、1969年の「Woodstock Music & Art Fair」をきっかけにサブカルチャーに興味を持ち、海外にも活動の場を広げる。デヴィッド・ボウイと約40年にわたってコラボレーションしたのをはじめ、YMOやイギー・ポップ、マーク・ボラン、寺山修司、忌野清志郎など、時代を代表するアーティストを撮影してきた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(7件)

かっこいい75.0%知的25.0%

  • ma2********

    2.0

    世界に誇れる日本人写真家 SUKITA

    2017年相原裕美監督作品。 マーク・ボラン、デヴィッド・ボウイ、寺山修司、YMO、忌野清志郎等の多くのアーティストたちを撮影してきた写真家の鋤田正義の軌跡をひもとくドキュメンタリー。音楽界にとっても写真界にとっても貴重な作品。 しなやかに生きている鋤田正義が皆に信頼されて、名作を創り上げて来たんだなぁと妙に納得できる。 ただ、編集が冗長で退屈な時間もそれなりにある。 出演者は半分にして、一つの作品についての裏話重をもっと入れ込んで欲しかった。寺山修司の話はもっと聞きたかったなぁ。

  • yn

    3.0

    おしゃれ。あの時代を垣間見れる。

    あの時代はよく知らないけど おしゃれで弾けててなんだか凄くパワフルで。 そんな様子を垣間見れるだけでとてもわくわくできた。 そしてその時代を忘れられない印象で撮り残した鋤田さん。 え、もち吉!? と思った。 こんな田舎でこんな世界的に有名な方が生まれ育っていたなんて! は~すごいな、信じられない。 のほほんとした雰囲気でみんな心を許してしまうんだろうな でも、瞳はどんなに御年を重ねても鋭い。 鋤田さん、若い時にクレーン車から落ちて? 入院して大事だったらしい。商売道具ともいえる自分の手を負傷して どんなに苛立ち絶望したんだろうと思ったけど そこで人生観がかわって生まれ変われた、貴重な経験だった みたいなことを仰ってた。 しなやかな生き方に感服。 今まで知らなくてちょっぴり損してた。 故郷でなにか活動してくださらないかな。

  • mai********

    4.0

    失礼ながら鋤田さんを知りませんでした。

    でも、こうやって映画を見る事で 鋤田さんが刻んできた一瞬一瞬の積み重ねの大きさを感じ その凄さを実感します。 その時々のタイミングもあったのでしょうけれど 当時の若者たちが如何に考え、あるいは悩みながら 飛躍をしようとしていたのかが見えるのと同時に 対話する時と場所が移り変わった時代を感じさせもします。 出会いの場所が仲間を作り その力が世界にも羽ばたく力になる。 論を熱く語り合う場所があり、時には喧嘩腰の本気でぶつかり合い イメージを皆が共有できる。 その先に世界や未来があり 取り組んだ仕事の結果に価値を見出す人たちがいて その先に尊敬の念が溢れていく。 そういう仕事ができたなら時に苦しくても耐えられるのかもしれません。 一瞬を切り取り、それが永遠に残る。 そんな仕事ができることが羨ましいとただただ思いました。

  • kur********

    4.0

    ミーハー心で

    ミーハー心で見に行きました。恥ずかしながら鋤田さんのことを存じ上げませんでしたが、今回知る事ができてとても良かったです。あの時代に、福岡の直方から世界的な写真家が生まれていた事に驚きました。写真も印象的なものがたくさんありました。もっと知られて良いのに。鋤田さんの控えめなお人柄ゆえなのでしょうか。

  • royalりかこ

    3.0

    カッコ良いことヤりたい?

    「万引き家族」を、見た翌日に鑑賞。 リアルタイムに、鋤田さんの写真を 見ていた世代です。 この映画の作り手サイドの あの、デヴィッド・ボウイを 撮った巨匠を俺様が撮ってるんだ!! ~というエゴが垣間見え、 何とも興ざめ。 底の浅さが露呈。 このドキュメンタリー 一本と 直方市のHPの鋤田さんの インタビュー(凄く良い!!)を 比べると、この作品のペラペラ感が 良くわかる。 あの中で、インタビューされてた 人物で一人異質なオーラを放つ人がいた。 鋤田氏の夫人。 インタビューを受けてた 不思議な空間はどこだ? 彼女だけ ポンっと昨日見た 万引き家族の画像から ワープしてきたかのようだった。 そう。是枝監督も、出てきて 作品のスチール撮りの時の エピソードを語ってた。 白髪のおばあさんの後ろ姿を 撮っていたと。 その写真が秀逸。 傘を被った母の写真との共通の 強さを感じる。 人間をゴリッと撮ってる監督で 鋤田正義のドキュメンタリーを見たい。 個人的には ミステリートレインの スチール撮影時の永瀬さんのエピソード。 これがこの作家の 物作りの 真髄なのかな?と思った。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日