ここから本文です

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~ (2017)

A TAXI DRIVER

監督
チャン・フン
  • みたいムービー 595
  • みたログ 2,080

4.21 / 評価:1515件

コメディ風→ディープリアルのメリハリが◎

  • sol***** さん
  • 2021年10月14日 20時49分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1980年代韓国の軍事独裁暴政が吹き荒れていた頃のお話。
なんだけど、てっきりほのぼのとしたライトコメディと思い込んでいたので、まさかあれ程の市民虐殺場面になるとは全く意表を突かれてしまった。

こういったコメディ風でスタートし深刻な展開に引き込む製作メソッドを韓国映画界は自家薬籠中の物としているのだろう。
時にはそのメリハリがあやふやになり締まらない展開になることもあるが、本作品はシリアス場面の緊迫感も申し分なく(何しろ軍隊が丸腰の市民をぶん殴り情け容赦なく発砲するのだから・・・)、グイッとわしづかみに集中視聴させられてしまった。

史実ベースということだが、どれ程のフィクションが入り込んでいるかは分からない。
それでも実際に韓国光州で1980年、おぞましい市民虐殺が起こっていたのだと思いを馳せるなら、遅まきながら亡くなった人たちに哀悼の意を捧げたくもなる。

またこの映画の上手いターニンポイントは、主役タクシー運転手が決して根っからの善人というわけでもなく、金にこすっからい狡さを持つ人間でもあったが、一端〝戒厳令下の危険な光州”から脱出しながら、何が起こっていたかをはっきり認識し良心が目覚めた後、光州に逆戻りした場面。
それも何がしか盛られているのかもしれないが、あの場面のおかげでグッとストーリーの深みと盛り上がりが増強されたのは間違いない。

エンドロール前のドイツ人記者の実写映像により「これは実話だったんだな・・」と説得力が増したのも効果的だった。

4.5の四つ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ