ここから本文です

女は二度決断する (2017)

AUS DEM NICHTS/IN THE FADE

監督
ファティ・アキン
  • みたいムービー 211
  • みたログ 616

3.62 / 評価:471件

社会派と言うより、女性の姿の映画

  • qta***** さん
  • 2018年5月9日 21時54分
  • 閲覧数 480
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ネオナチによる実際の連続テロ事件に着想した脚本だというが、この映画は、一人の女性の、事件に巻き込まれた女性の物語となっている。
着想に〝ネオナチ〟とか〝外国人を狙ったテロ〟と言った言葉が並ぶ事から、社会的な意味を探そうとするように見受けられるけど、多分そうじゃないと思う。
これは、終始、女性の姿を描いた映画だと思う。
3つの章立て〝1.家族〟〝2.正義〟〝3.海〟となっているけど、事件、裁判と言う流れから、〝2.正義〟の舞台の裁判に注目が集まっているようだけれど、重要なのは〝3.海〟の場面だと思う。
事件から、家庭を失い、生活を壊され、体も心もぼろぼろになって行く女性が、ようやく正気を取り戻した瞬間が、最後の章にある。
この映画の主演、ダイアン・クルーガーは、この極限の状態の女性を、その表情や仕草で見事に表現していたように思う。
狂気の中から、正気を取り戻したその表情は、名演と言っていいだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ