レビュー一覧に戻る
消された女
2018年1月20日公開

消された女

INSANE

912018年1月20日公開

rat********

5.0

ワッ!衝撃のラストに興奮が止まらない!

韓国映画ってホンッと面白い! この作品は存在すら知らなかったんだけど、大いに楽しませてもらいました。 白昼の街中で、いきなり女性が拉致される。 ヤラセでテレビ界を干されたディレクターのもとに届いた手帳から、事件を究明していくのがメインストーリー。 警察署長が娘に殺害された日、精神病院が火事になったが、焼死者の数と入院患者の数が合わない。 しかも娘は、その病院に入院させられていたと証言していた。 この事件の真相を追求していくディレクターは、衝撃の事実に辿り着いたのだが・・・ 【ネタバレ】 ディレクターのもとに送られてきた手帳は入院患者の日記のようだが、入院患者の名簿にはその名前がなかった。 信憑性が疑われる手帳ではあったが、そこに記入されていた看護士が発見されたことから、究明したところ、警察署長を殺害した容疑のかかった娘の手記であり、現在、精神病院に入院中であることが解る。 娘の病院に通い真相を聞き出し、調査を進めていくと、警察署長が妻の財産を独り占めするために、娘を無理やり精神病院に入院させたことが解る。(正常な人間でも、共謀すれば精神疾患者として入院させることができるらしい。) 精神病院で人成らざる仕打ちを受ける娘。(実はその前から母娘共に、父親から酷い目に遭っていた。) しかも、この精神病院の院長は、警察署長とグルになって、臓器売買にまで手を出すクズだった。 最終的に院長が娘を葬ろうとしたときに、娘の彼氏(?)が助けに来るのだが、時同じくして、精神病院が火事になってしまった。 混乱に乗じて、病院を逃げた娘は父親を見つける。様々な想いの中で、父親の後をつけていくが、罪の意識からか自宅で父親は自殺してしまった。 という内容でテレビ放映したところ、高視聴率をあげることでディレクターは大満足だったんだけど・・・ 殺人の疑いがはれ、退院することになった娘が最後に一言。 「精神病院では、凶器になるからボールペンも持たせてもらえない」 ・・・ えっ、それじゃ、手記なんて書けないんじゃ? いやー、真相らしき映像が流れるので「氷の微笑」みたいに謎が謎呼ぶとはいきませんが、超ドッキリのエンディングでした。 ホンッと面白かった。こういうの大好物です。 ところで、韓国の女優さんって綺麗な人多いですよね。自分的には、助監督の娘が好みで、もうちょっと活躍してくれたら良かったんだけど・・・

閲覧数1,230