2018年3月30日公開

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

THE POST

1162018年3月30日公開
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
3.8

/ 2,945

25%
43%
24%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(416件)

勇敢28.5%知的27.7%かっこいい16.6%泣ける5.5%スペクタクル3.9%

  • hok********

    3.0

    ネタバレ政府vs新聞社

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    ニクソンはクソ

    アメリカ人の共通認識なのだろうか?

  • hal********

    4.0

    ロシア国民に見せたい

    計らずもとてもタイムリーな内容だった。 これ、ロシアで教科書に乗せるべきだわ。 そもそもアメリカも大概なんだけど。 歴史的な事は置いておいて。 まず画面の面白さに目が釘付けになった。 コントラストの効いた自然光っぽい光、部屋の隅から隅へ追い続けるカメラ。 こ慣れてるわー。 ドラマティックではあるけど史実なので、そこまで内容はなく、登場人物の決断に至るまでもあっさりしてるけど メリル・ストリープとトム・ハンクスの流石の存在感でラストまであっという間だった。

  • 老後の暇人

    3.0

    トランプ大統領批判の映画

    いまや時効になった感のあるベトナム戦争の実態を描き, 超有名監督と俳優を使ってトランプ元大統領の口癖「フェイクニュース」を逆手に取る”ディープステイト”によるプロパガンダ映画として観るとよくできています。

  • tat********

    4.0

    国家機密VS報道の自由のジレンマを描く社会派ドラマ

    実話を元に制作。国家の安全と報道の自由の戦い。ベトナム戦争が知りつつ国のプロパガンダで国民を欺く。そんな中、機密文書が漏洩。記事を掲載すれば、国家反逆罪などで逮捕される可能性がある。決断はいかに・・・ スピルバーグらしいカメラワークがGood。 ーー 2022/03/25 8

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

原題
THE POST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日