ここから本文です

GODZILLA 決戦機動増殖都市 (2018)

GODZILLA: CITY ON THE EDGE OF BATTLE

監督
静野孔文
瀬下寛之
  • みたいムービー 143
  • みたログ 1,068

3.05 / 評価:907件

ひどい

  • ycw***** さん
  • 2019年6月12日 16時00分
  • 閲覧数 969
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作は割と好きだったのですが、今作はダメでした。
途中までは面白くなりそうな感じだったのですが、如何せん、ビルサルド達が自分達の価値観を主張してきたあたり、ナノメタル化をし出したあたりから一気につまらなくなります。
そのせいで内輪揉めがおこり、そのままゴジラとの戦闘へ。
作戦は順調だったが、ゴジラの予想外の反撃にあいビルサルドの意味不明な意見に反論すらできないハルオのせいで結局負けてしまう。
せめてガルグが1人で特攻してもゴジラを倒さないという展開なら、まだ良かったです。
ゴジラは人間の手じゃ到底倒せない存在という絶望感を味わえますからね。
でも今作は違った。
ガルグ達ビルサルドの自分勝手さと、ハルオの意思の弱さが合わさり、負けてしまいました。
正直あのままビルサルドに協力していたらゴジラは倒せたでしょうけど、そう考えると今作のゴジラは拍子抜けするほど小物です。
地球人、ビルサルド、ゴジラ。
この3つ全ての株が見事に下がってしまう展開に、クライマックスというのに完全に盛り下がってしまいました。
こんな展開になってしまうなら一作目で終わらせてしまう方が良かったです。
ゴジラ史上最低の駄作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ