レビュー一覧に戻る
ミッション・ワイルド

joz********

4.0

あと二歩くらい足りなかった

最近、映画に恵まれていません。 トミー・リー・ジョーンズ監督主演、ヒラリー・スワンク、メリル・ストリーブ共演の西部劇とくりゃ見ないわけにいかないでしょう。 トミー・リー君、名作を狙いすぎて、力み過ぎだね。 主張したいことと役者揃いを一緒くたに鍋に入れて煮込んだら、名作が出来ると勘違いしている。 映画って「語り口」が大切なんだよね、特にこの手の作品。 そして、説明を極力省略して観客に想像させるって、相当なテクニックが必要なの。 独りよがりになりやすいし、「文学ぶる」匂いが少しでもしたら、観客の心は急速に離れちゃうのね。 せっかくの素材が美味しい料理にならなかった典型的なパターン。 トミー・リー、あと二歩くらい足りなかった。

閲覧数907